目録情報の基準 第5版 (案)

このマニュアルは、CAT2020に対応した『目録情報の基準 第5版』の案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ] 1.3 総合目録データベースの環境
[次ページ] 2.2 書誌データセット

2 総合目録データベースの構造

2.1 データセット構成

 総合目録データべースは,書誌,所蔵,典拠,タイトル変遷,RELATION,及び参加組織のデータセットで構成される。

 書誌データセット(BOOK,PREBOOK,SERIAL)は,参加組織が所蔵する図書,又は逐次刊行物の書誌情報を記録するためのものである。

 所蔵データセット(BHOLD,SHOLD)は,各参加組織の所蔵情報を記録するためのものである。

 典拠データセット(NAME,TITLE)は,標目となる著者,又は著作名の情報を記録するためのものである。

 タイトル変遷データセット(CHANGE)は,雑誌のタイトル変遷にかかわる情報を記録するためのものである。

 RELATIONデータセット(RELATION)は,並立書誌等,データ間の関係を記録するためのものである。

 参加組織データセット(MEMBER)は,目録システムの参加組織にかかわる情報を記録するためのものである。

 これらのデータセットは,図2-1のように,相互に関連しつつ,目録所在情報を表現する。

図2-1 データセット関連図


[ページの先頭]