目録システムコーディングマニュアル(案)

このマニュアルは、CAT2020に対応したコーディングマニュアルの案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ]4.3.1 PTBL
[次ページ]4.3.3 UTL

4.3.2 AL

4.3.2A 〔形式〕

AL 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
1) 2)
(Group Field)
著者名リンク
必須2* 可変長   24
    主記入フラグ (選択) (選択) (固定長) (1バイト) (1)
著者標目形 (自動付与) (必須1) (可変長) (254バイト) (1)
著者標目形のヨミ** (自動付与) (必須2) (可変長) (254バイト) (1)
著者標目形のその他のヨミ (自動付与) (必須2) (可変長) (254バイト) (2)
著者名典拠データID (自動付与) (不使用) (固定長) (10バイト) (1)
その他の情報 (必須2***) (必須2***) (可変長) (254バイト) (1)

1) 著者名リンクを形成する場合 2)著者名リンクを形成しない場合

* TRフィールド、及びPTBLフィールドの中位の集合書誌単位に、責任表示として記録されている個人、団体、会議に対応するデータは原則として必須2。他のフィールドに対応するデータは選択。
** ヨミは、日本名の場合などに記録する。
*** 会議名の回次、年次、開催地は必須2。役割表示は選択。

4.3.2B 〔記述文法〕

 記述文法については、「付録6.1 図書書誌データの記述文法」を参照のこと。

4.3.2C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 ALフィールドには、目録対象資料にかかわる著者標目に関する情報、すなわち、主記入フラグ、著者標目形、著者名典拠データID、その他の情報をデータ要素として記録する。

4.3.2D 〔フィールドの作成〕

D1

 TRフィールド、及びPTBLフィールドの中位の集合書誌単位の責任表示として記録した個人、団体、会議の名称等については、原則として、当該名称に対応するALフィールドをそれぞれ作成する。

TR:Psychology and religion : West and East / C.G. Jung ; translated by
 R.F.C. Hull
ED:2nd ed
PTBL:Bollingen series < > 20 . The collected works of C.G. Jung /
 editors, Herbert Read ... [et al.] ; v. 11//ab
AL:*Jung, C. G. (Carl Gustav), 1875-1961 <  >
AL:Read, Herbert Edward, Sir, 1893-1968 <DA01061328>
AL:Hull, R. F. C. (Richard Francis Carrington), 1913-1974 <DA01174288>

D2

 EDフィールド、PUBフィールド、CWフィールド、NOTEフィールドに記録されている個人、団体、会議の名称等について、当該名称に対応するALフィールドをそれぞれ作成することができる。

TR:International human rights, contemporary issues / co-edited by Jack L.
 Nelson and Vera M. Green
PUB:Stanfordville, N.Y. : Human Rights Pub. Group , 1980
NOTE:"A publication sponsored by the International Center, Rutgers
 University, New Brunswick, N.J."
AL:Nelson, Jack L. <DA01039227>
AL:Green, Vera M. <DA01297765>
AL:Rutgers University. International Center <DA01297776>

D3

 PTBLフィールドの親書誌のタイトル又は責任表示に記録されている個人、団体、会議等について、当該名称に対応するALフィールドをそれぞれ作成することができる。

TR:The Club of Queer Trades ; The Napoleon of Notting Hill ; The ball and
 the cross ; The man who was Thursday / compiled and introduced by Denis J.
 Conlon 
PUB:San Francisco : Ignatius Press , c1991
PTBL:The collected works of G.K. Chesterton < > 6//b
AL:*Chesterton, G. K. (Gilbert Keith), 1874-1936 <DA00727745>
AL:Conlon, D. J. <DA01496353>

4.3.2E〔データ記入及び記入例〕

E1 著者名リンクを形成する場合

E1.1 (主記入フラグ)

 当該フィールドに記録された著者標目形が基本記入の標目である場合は、アステリスク(*)を記入することができる。(→ 付録 1.7 主記入フラグコード表)

E1.2 (著者標目形、及び著者標目形のヨミ)

 リンク形成時に、リンク先著者名典拠データのHDNGフィールドの情報が自動的に記録される。

E1.3 (著者名典拠データID)

 リンク形成時に、リンク先著者名典拠データIDが自動的に記録される。

E1.4 (その他の情報)

 当該著者の役割を表す「comp.」「ed.」「ill.」等の語句を記録することができる。

TR:Mother Goose nursery rhymes / illustrated by Arthur Rackham
AL:Rackham, Arthur, 1867-1939 <DA01926984> ill

 当該著者標目が一連の回次を有する会議名である場合は、次の形式で会議の回次、年次、開催地をその他の情報として記録する。記録の方法は、AACR2の24.7Bの指示に従う。

TR:The 7th International Conference on Distributed Computing Systems,
 Berlin, West Germany, September 21-25, 1987 / sponsored by the Computer
 Society of the IEEE
AL:*International Conference on Distributed Computing Systems <DA01220192>
 (7th : 1987 : Berlin, West Germany)

E2 著者名リンクを形成しない場合

E2.1 (主記入フラグ)

 前記E1.1と同様の方法で記入する。

E2.2 (著者標目形)

 著者標目形については、フィールド作成の根拠となった著者の標目形に基づいて記録する。(→ 8.2.1, 9.2.1, 10.2.1, 11.2.1, 12.2.1, 13.2.1 HDNG)
 著者標目形が日本名などの場合は、当該著者標目形の付記事項を除いた部分に対応するヨミを記録する。

E2.3 (著者名典拠データID)

 記録しない。

E2.4 (その他の情報)

 前記E1.4と同様の方法で記録する。

4.3.2F 〔フィールドの繰り返し〕

 複数の著者標目を記録する場合は、各名称ごとにフィールドを繰り返す。

4.3.2G (選択事項)

G1

 EDフィールド、PUBフィールド、CWフィールド、NOTEフィールドに記録した個人、団体、会議に対応するALフィールドを作成するかどうかは、各参加組織が選択する。

G2

 主記入フラグを記録するかどうかは、各参加組織が選択する。

G3

 著者名リンクは可能な限り形成する。ただし、既存の著者名典拠データとの同定が困難な場合は、これを形成しなくてもよい。

G4

 「その他の情報」に著者の役割表示を記録するかどうかは、各参加組織が選択する。

4.3.2H 《注意事項》

H1

 記述ブロック又はPTBLフィールドに記録されていない個人、団体、会議の名称に対して、ALフィールドを作成してはならない。 ただし、責任主体が明らかな政府刊行物の場合は国名+機関のALフィールドを作成することができる。

H2

 伝記、記念論文集の対象者は、当該資料中にその人物の著作があればALフィールドに記録する。著作がない場合は、ALフィールドではなくSHフィールドに個人名件名として記録する。

H3

 例外として、マイクロ資料等、1書誌データに複数の出版物理単位を記述することが許容されている資料がある。(→2.0.3出版物理単位
 これらの書誌データでは、新たな巻冊次等の追加と共に、ALフィールドを追加することがありうる。

H4

 当該著者標目が基本記入の標目かどうかの決定は、NCR1965年版又はAACR2による。

H5

 PREBOOKデータセットでは、外部機関作成書誌データおよびNACSIS-CAT の著者名典拠データに含まれる典拠情報を活用した自動リンク形成が行われている。
 PREBOOK データセットにおいて、明らかに異なる著者名典拠データとリンクしている書誌データを発見した場合は、国立情報学研究所に報告する。(→第21章

H6

 リンク先のデータ内容が修正され、ALフィールドのデータ内容と一致しなくなった場合は、ALフィールドのデータ内容が自動的に更新され、リンク先のデータ内容と一致した形に修正される。*
 データ要素が自動的に更新される以前の段階で、書誌データを修正した場合にも、ALフィールドのデータ要素の更新が行われる(強制リンク)。
*2019年○月○日現在、修正後1分に自動更新される設定となっている。

〔関連項目〕


[ページの先頭]