目録システムコーディングマニュアル(案)

このマニュアルは、CAT2020に対応したコーディングマニュアルの案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ]3.1.6 CNTRY
[次ページ]第4章 洋図書書誌データ

3.1.8 TXTL

3.1.8 A 〔形式〕

TXTL 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
本文の言語コード 必須1 可変長 24バイト* 1

 *データチェック(→ 付録 2.1)のため、実際は18バイト

3.1.8B 〔データ記入〕

 TXTLフィールドには、言語コードとして「und」を記入する。(→ 付録 1.3 言語コード表)

3.1.8C 《注意事項》

 「目録情報の基準 第5版」適用以前に作成された、出版物理単位を持つ親書誌データ(この書誌構造を「バランスしない書誌構造」という→「目録情報の基準 第5版」4.2.2)の場合には、その出版物理単位の本文に対応する言語コードが記入されている。

〔関連項目〕


[ページの先頭]