目録システムコーディングマニュアル(案)

このマニュアルは、CAT2020に対応したコーディングマニュアルの案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ]17.2.5 LDF
[次ページ]21.0 図書書誌データ修正指針

第21章 図書書誌データ修正

 この章では、図書書誌データセットに登録されたすべての書誌データについて、修正すべき事項を発見した場合の判断基準を示す。
 ここでは、和図書/洋図書、子書誌/親書誌データのすべてを含む。

〔通則〕

 既存書誌データの内容と目録対象資料の間に相違点がある場合は、修正すべき事項であるかどうかの判断が必要となる。
 既存書誌データを修正する場合には、データが正確かつ豊富になる方向で行う。修正すべき事項であるかどうかの判断ができない場合、または、修正すべき事項であっても修正できない場合には、既存の書誌データには手を加えず、新規書誌データを作成する。
 これによって、同一資料に対する複数の書誌データが作成された場合、これらは「並立書誌データ」として許容する。


[ページの先頭]