目録システムコーディングマニュアル(案)

このマニュアルは、CAT2020に対応したコーディングマニュアルの案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ]第10章 著者名典拠データ(日本名:会議名)
[次ページ]10.3.4 DATE

10.3.1 TYPE

10.3.1A 〔形式〕

TYPE 入力レベル 属性 フィールド長 繰り返し数
属性コード 必須2 固定長 1バイト 1

10.3.1B 〔記述文法〕

記述文法については、「付録6.5 著者名典拠データの記述文法」を参照のこと。

10.3.1C 〔フィールド内容とデータ要素〕

 TYPEフィールドには、統一標目形(HDNG)に示される著者の属性をコード化して記録する。

10.3.1D 〔データ記入及び記入例〕

 属性コードには、統一標目形(HDNG)に示される著者が会議、大会等であることを示す1桁のコード「m」を記入する。 (→ 付録1.7 その他のコード表)

HDNG:北東アジア知識人会議||ホクトウ アジア チシキジン カイギ
TYPE:m

〔関連項目〕


[ページの先頭]