目録システムコーディングマニュアル(案)

このマニュアルは、CAT2020に対応したコーディングマニュアルの案である。現行の業務に、このマニュアルを適用してはならない。


[目次]
[前ページ]改訂履歴
[次ページ]0.1.1 図書と逐次刊行物

0.1 データセット

0.1A 〔通則〕

 総合目録データベースのデータセット構成は、大きくは図書と雑誌に分かれ、それぞれ書誌データセットと所蔵データセットが中心となっている。さらに、典拠コントロールを行うための著者名典拠データセット、統一書名典拠データセットがあり、これら全体で総合目録データベースを形成している。

 総合目録データベースの外周には参照データセットがある。参照データセットとは、外部機関作成データを目録システム用に変換したものである。

 データセット構成及び各データセットの詳細については、「目録情報の基準 第5版」(2.1 データセット構成)を参照のこと。


[ページの先頭]