ニュース
ニュース:NACSIS-CAT
2017/01/04
NACSIS-CAT/ILLのセキュリティー強化に向けてのアンケート調査について
現在、弊所が提供しているサービス全般について、セキュリティの強化及びメンテナンス時等のエンドユーザへの影響の最小化を図るべく、各参加館と目録システムの間にサービスゲートウェイという仕組みの導入を検討しています。
 
また、来年度以降、目録システムを、従来のHTTPに加え、HTTPSにも対応させ、将来的には、従来のHTTPでの通信を中止し、HTTPSでの通信のみにする予定です。
 
サービスゲートウェイの挙動はHTTPに強く依存します。
そのため各図書館クライアントの技術的な実装について、図書館システムの開発業者様に下記の事項を確認させて頂きたく存じます。
 
  1.目録システムへ接続する際のHTTPバージョン
    a) HTTP/1.0を使用
    b) HTTP/1.1を使用
 
  2.目録システムへ接続する際のリクエストにHostヘッダが含まれるか
    a) Hostヘッダが含まれる
    b) Hostヘッダは含まれない
       
    1,2について、実装としてはHTTP/1.0でHostヘッダを含む場合やその逆もあり得るかと思います。
       
  3.上記2でHostヘッダが含まれない場合、これを含める改修のインパクト
    a) 大きい
    b) 小さい
       
  4.図書館クライアントがHTTPSに対応するための改修のインパクト
    a) 大きい
    b) 小さい
       
上記の4点について、<2017/01/20(金)>までに、sys-desk@nii.ac.jpcatadm@nii.ac.jp宛にご返答ください。
       
また、<2017/01/20(金)>までにご返答が間に合わない場合は、いつ頃までに確認できるかの見込をお知らせください。
       
  上記は、図書館システムの開発業者様に向けてのご案内となります。
目録所在情報サービスを利用していらっしゃる参加館の皆さまには、アンケートへの回答や、対応は必要ございません。
また、newcatのメーリングリストでも同様のご案内を差し上げております。