はじめに

 

国立情報学研究所(以下、NII)では、産業応用の可能性を秘めた情報学の研究最前線をご紹介するため、「NII SEEDs」を発行しています。本年度も、新たな研究進捗や成果を継続的に発信することで、産業界や官公庁の皆様とNIIとのイノベーションを目指した連携の契機となることを願い、2017年度版「NII SEEDs~時代を躍進するNII研究者による研究シーズ集2017」を発行いたします。

 

近年、社会的課題の解決につながる日本発のイノベーション創出の重要性が叫ばれ、大学や学術機関においても社会貢献や産業化につながる研究開発活動が強く期待されています。NIIでは、長期的視点に立った基礎研究ばかりでなく、社会課題の解決を目指した実践的な研究や学術ユーザー向けの情報基盤技術の開発も実施しており、新たなイノベーションへのシーズとなる素材も少なくないと考えております。これを踏まえ、研究成果を社会実装や産業応用に結びつける機会を設けることで、企業の皆様との連携によるイノベーションを目指した活動の活性化等、研究成果の社会への還元に取り組む所存であります。

 

事業や社会のために技術を利用される産業界や官公庁の皆様に、情報学研究者の活動を知っていただき、その研究成果や産業応用の可能性をご理解いただくことが、NIIがイノベーション創出に向けて貢献するための第一歩であると認識しています。「NII SEEDs」に目を留めていただくことで、皆様にNIIの研究活動に興味を持っていただき、共同研究や技術相談等を通じたパートナーシップを作り出すための契機に、あるいは、学術界の方にはNIIとの共同研究のパートナー探しに、役立てていただければ幸いです。これらのパートナーシップを元に、皆様と共にイノベーション創出、社会的課題の解決へとつなげていきたいと考えております。

 

国立情報学研究所 副所長

相澤 彰子

ページのトップへ戻る

NII SEEDSサイト内検索

Researcher file

IoTで集積された情報を読み解き、もっとニッポンを元気にする

曽根原 登

かつて世界の情報通信を席巻していた日本が、米国の後塵を拝した。その推移を目の当たりにした重鎮は、他ならぬネットの力を使ってこの国の問題に取り組んでいる。 続きを読む

人工知能を学びに生かす。 プログラミングが教育を変える

坂本 一憲

幼い頃からコンピューターが身近にあった世代。世界を意識する契機もプログラミングだった。現在は情報工学と心理学を融合した研究を進め、教育の分野を新しいフェイズへ 続きを読む

個人の知識を蓄積して社会に活用。 データマイニングの新しい領域へ

ユ イ

あなたが旅先で見つけたことが、誰かの好奇心をかき立てる。あるいは見知らぬ人の経験があなたの道標となる。日本で学ぶユ イが追求するのは、世界中の人々の知識が集まる、そんな情報の 続きを読む

音声技術を使ったコミュニケーションが社会をもっと便利に、楽しくする

高木 信二

さまざまな場所で人工知能が発する声に出会う。その仕組みを支えるのも最先端の情報工学だ。「より人の言葉に近い音声を」。静かな情熱を秘めた若き研究者が次世代の技術開発を 続きを読む

実際の⼊⼒構造を活⽤し、より効率的に計算を行うアルゴリズムを研究

岩田 陽一

コンピューターで計算を行うためのアルゴリズム。情報工学の発展で、その効率に限界が見えてきました。理論上の最悪ケースではなく、実際の応用において効率的に動くことが保証された、 続きを読む

ネットワークを介してモノの動きのデザインをする

岸田 昌子

情報通信技術の発達により、大規模で複雑なプラントもネットワークを介して制御が可能に。新しく課される条件下で、安定性や性能を確保する制御手法の開発を目指しています。 続きを読む

無線周波数やエネルギーを最⼤限に活⽤する無線通信プロトコル設計

金子 めぐみ

使用可能な周波数は既に限界を迎えています。更に急増する膨大なデータ量に対応するべく性能や無線資源の共有技術を向上させることで、よりスムーズなアクセスが可能な環境設計に取り組 続きを読む

新たなネットワークサービスとSINETとの連携によるサービスの実現

栗本 崇

学術情報ネットワークSINET5と連携し、安全かつ高速なネットワークサービスが運用できるようにNFV/SDNの技術を活用することで、より使いやすいネット環境の向上を研究しています 続きを読む

オープンサイエンスを推進する研究データ管理基盤

込山 悠介

個別の研究成果をより多くの人が共有できるようにするオープンサイエンスの支援システムをより強固に、安全に。国内外の関連機関との連携や統一を試みつつ、SINETを使い、各大学へ研究 続きを読む

サイバー攻撃から機密を守る耐性を備えたネットワーク運⽤⽀援

高倉 弘喜

ネットワークの管理・運用には常にリスク管理が必須です。破壊や窃取を狙うサイバー攻撃は更に巧妙になっています。それを食い止める、あるいは被害を最小限にとどめるために、一歩先を行 続きを読む

国際間オンデマンド ネットワークとクラウドを活⽤した新しい情報基盤

竹房 あつ子

複数のクラウド間を安全かつ迅速に連携させ、ユーザーがさまざまなサービスを利用できるように国際情報学研究所が誇るSINETを使い、グローバルなオンデマンド学術ネットワークを 続きを読む

ビッグデータ解析からクラウドソーシングまで現状を把握する情報技術

北本 朝展

人とデジタルの距離をもっと密なものにすることで、災害などの緊急時も含め、情勢の変化への柔軟な対応が可能に。ネット上のさまざまなデータを用いて時間と場所を解析し、適切な形でアウト 続きを読む

個性や状況に合わせた最適な機能を推薦する行動促進ソフトウェア

坂本 一憲

教育は平等ですが、教え方が画一的であってはならない――そんな発想の下、学ぶ人の個性に合わせた学習行動を促すアプリケーションやシステム開発に携わっています。教える側、教えら 続きを読む

信頼性の⾼いプログラムを容易に記述するための型エラーデバッグ⼿法

対馬 かなえ

もはやプログラミングは専門家だけの領域ではありません。一般的に汎用させることが必要になりつつあります。そのためにプログラムの安全を確保しつつ、容易な作成が可能になる「型エラー 続きを読む

美しいCGの動きを数値で構築する新しい計算⼿法を開発

安東 遼一

観客の目を楽しませるコンピューターグラフィックスを創り出すのはクリエイターの感性だけではありません。最先端の数値計算を駆使した緻密な計算が不可欠です。特に流体現象のリアルな 続きを読む

ビッグデータを研究し産業と学問をつなぐプラットフォームをつくる

大須賀 智子

ネットにはユーザーのさまざまな情報があふれています。研究者にとってデータの宝庫であるこの鉱脈から、安全性と確実性を併せ持つソースを確保し、企業と大学が協働するオープンサイエ 続きを読む

混ざった⾳から聞きたい音だけを聞き分ける機械の⽿の実現

小野 順貴

レコーダーには必要な音も雑音も一緒に録音されてしまいます。しかし、人の耳には音を選別する機能が備わっています。機械をそんな人間の優れた聴覚機能に近づけるべく、最先端の信号 続きを読む

深層学習を⽤いた次世代⾳声合成技術を進化・深化させる

高木 信二

AIと人間のコミュニケーションに欠かせない音声インターフェースを向上させるための情報処理技術。深層学習を駆使した適切な抽出と解析を行うことで音声合成の精度を更に高める研究を 続きを読む

ウェブ上の画像・映像・⾳楽のマルチメディアデータからの知識発⾒

ユ イ

ユーザーのデバイスからネットにアップされるさまざまな動画や写真、音楽、コメントなどのデータ。これらの膨大な情報を解析することにより、個人の嗜好や社会のトレンドを探るサポート 続きを読む

企業と政府が連携しドローンを有効活⽤するコアテクノロジー開発

PRENDINGER Helmut

無人飛行機ドローンは、機械という枠を超えて社会のインフラとしての大きな可能性を秘めています。より多くのジャンルで活躍させるために、情報工学を活用して知性と安全性を向上させます 続きを読む

ユーザーの信頼を得る擬⼈化エージェントのデザインを提案

松井 哲也

AI技術はただ機能的に優れているだけではなく、より人間らしい存在感がユーザーの信頼を獲得します。車の自動運転やオンラインショッピングでよりシンパシーを持たれる新しいインタラク 続きを読む

⼤規模ログデータのディープ解析によるサービスのスマート化

金澤 輝一

リーズナブルなコストとパーソナルなサービスを両立させるマスカスタマイゼーションは、ネットでも存在感を増しています。本研究では人の嗜好や行動をログとして解析し、より広く、より 続きを読む

ビッグデータから⾒る社会の相関に関する研究

小出 哲彰

新たなる産業基盤として注目を集めるインバウンド需要。効果的な観光政策にビッグデータの活用は欠かせません。どんな観光ルートが好まれるのか、ホテルの予約状況は……。日々動くビ 続きを読む

⼤学の管理運営に資するIR分析枠組みの研究

船守 美穂

大学のマネジメントをサポートするIR。取り入れる大学は多いものの、十分には機能していません。日本ならではの分析の観点と手法を確立するために、全国の大学で利用できるIRの枠組みと 続きを読む

学習ログの蓄積と分析によりオンライン教育を改善

古川 雅子

教育の現場に情報通信技術は幅広く導入されているものの、期待されている成果を上げているとは言えません。学習ログを蓄積し、分析することで、教える側、学ぶ側双方へフィードバックを 続きを読む

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構

国立情報学研究所

COPYRIGHT © NATIONAL INSTITUTE OF INFORMATICS, ALL RIGHTS RESERVED.

※本サイトに記載されている肩書きは発行当時のものです。