ドキュメント
ドキュメント
調査資料
「研究活動及びオープンアクセスに関する調査」(2006年3月)
国立大学図書館協会国際学術コミュニケーション委員会及び国立情報学研究所では、我が国の研究者の研究活動の状況、オープンアクセス(OA)に関わる概念の認知度、および研究成果の発表とOAとの関連性や影響度について、研究者の動向や意見を把握し、今後の学術コミュニケーション向上に資するための基礎資料を得ることを目的に、標記調査を実施しました。
調査の概要、調査結果の要約及び報告書は以下のとおりです。
調査の概要
1. 調査の対象
国立大学法人及び大学共同利用機関法人に所属する研究者(教員)
2. サンプル数
2,000人
3. 抽出方法
「2004年全国大学職員録 国立大学編」から、単純無作為抽出
4. 回収状況
有効回収数:613票(有効回収率:30.7%)
5. 調査時期
平成17年12月
6. 調査方法
郵送調査法
調査結果の要約
要約PDF(日本語版PDF:111KB)
Executive Summary of “Survey Report on Research Activities and Open Access”PDF(English version) (PDF: 56KB)
調査報告書
調査報告書PDF(日本語版PDF:984KB)
Survey Report on Research Activities and Open Access (English version) PDF(PDF:688KB)
調査票
アンケート本文PDF(PDF:46.3KB)
▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2008年02月01日