研究 / Research

JST CREST

ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化

研究総括:NII所長 喜連川優  領域アドバイザー:特任教授 石塚満

 ICTの社会浸透に伴い、様々な分野で得られるデータは指数関数的に増大し、多様化し続けています。

 これらの分野を超えたビッグデータを統合解析し、次世代基盤技術の創出・高度化・体系化を実現するため、研究総括の喜連川所長、領域アドバイザーの石塚特任教授のもと、NIIからは2人の研究者が研究代表者としてそれぞれの課題に取り組んでいます。

「データ粒子化による高速高精度な次世代マイニング技術の創出」

研究代表者:情報学プリンシプル研究系教授 宇野毅明

 ビッグデータ時代の到来とともに、科学や社会や経済などの様々なデータが利用されるようになってきました。様々なデータ解析の中でも、ノイズだらけのデータの中に埋もれた意味や隠れた性質を見つけ出すことは、新たな科学的発見や社会構造の細やかな把握、新商品開発や顧客サービスにつながります。ここで重要となるのが、意味や性質につながるような、データの一部分を抽出することです。データマイニングは、このような一部分を見つけ出す技術ですが、適切な構造を適切な計算コストで見つけることは難しいというのが現状でした。

 本プロジェクトでは、このようなデータの一部分を粒子という構造として明確化し、データの意味を比較的簡単に取り出せるような技術「データ研磨」を開発しました。今までにない速度と精度を持つ革新的な技術で、様々な種類の巨大なデータに適用可能です。すでに婚活データ、インターネット広告、新聞記事、購買データ、腸内細菌などのデータに適用し、いくつもの企業で利用されるとともに、様々な知見を生み出しています。

dataMining.png

「インタークラウドを活用したアプリケーション中心型オーバーレイクラウド技術に関する研究」

研究代表者:アーキテクチャ科学研究系教授 合田憲人

 スーパーコンピュータやクラウド、さらにそれらを接続するネットワークの高性能化に伴い、高性能ネットワークを介して複数のクラウドを連携させたインタークラウドを構築し、大規模データ処理へ活用することが可能になりつつあります。しかし、現在の技術では、ユーザが計算機やネットワークを個別に設定して、データを処理するための計算環境を構築しなければならず、技術的かつ時間的な大きな壁があります。

 本研究では、アプリケーション毎に最適化された大規模データ処理環境をネットワーク接続された複数のクラウド上に高速かつ自動的に作成する基盤技術を開発することを目的としています。本研究成果を用いることにより、クラウドを活用して大規模データを高性能かつ簡単に処理することが可能になります。ゲノム解析と流体音解析分野の研究者と共同で、これらの分野のアプリケーション開発にも取り組むほか、大学等の情報基盤センターの研究者とともにインフラの構築・運用を行うことも目指しています。これらの研究を、北海道大学、国立遺伝学研究所、東京工業大学、九州大学の研究グループと共同で進めています。

overRay.png

イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化

「未知事物検索・認識基盤によるメディア消費者の体験・行動センシング」

研究代表者:コンテンツ科学研究系教授 佐藤真一

 近年人々の情報アクセス形態が変化してきており、放送映像等の従来型のメディアに加えTwitterやInstagramといったSNSを主たる情報源として、意見形成や購買行動等を行う人が増え、また自らの行動をSNSやライフログに記録・公開する人も少なくありません。このため、放送映像・SNS・ライフログ等のメディアを適切に解析することで、こうしたメディア消費者の体験と行動を観測することが可能となってきました。

 本研究では、まず放送映像・SNS・ライフログ等の動的に変動するメディアから顕著な変化や主たるトレンド等を検出する未知事物検索・認識基盤を確立します。この基盤を用いて、人々が放送映像やSNSからどのような情報を読み取っているのか、それを受けてどのように行動したのかを観測するメディア消費者の体験・行動センシング技術を実現します。これにより、新商品等の新たなトレンドの早期検出、購買行動を引き起こす効果的なマーケティング戦略の解析、人々を人道的行動に駆り立てる仕組みの解析等への発展を目指します。

mediaSensing.png

注目コンテンツ / SPECIAL