時代を躍進するNII研究者による研究シーズ集
 

NII産官学連携塾

 

NIIでは、情報学における最先端の研究動向を取り上げ、受講者の方々への「技術者と活用ユーザ」の双方の交流を通して、個々が取り組んでいるビジネスあるいは研究動向の洞察力を涵養するために、産官学連携塾を開講いたします。

H28年度第1回

日時 ※申込定員に達しましたので、受付終了いたしました(7/6)

2016年7月11日(月) 16:00-18:00
※ 終了後懇親会を予定、詳細は申込みフォーム参照

会場

国立情報学研究所 12階 1208会議室

講師

  • 山岸 順一 (NIIコンテンツ科学研究系 准教授)
  • 李 晃伸 (名古屋工業大学情報工学専攻 教授)
  • 塩田 さやか (首都大学東京システムデザイン学部 助教)

定員

30名程度

タイトル

「身近になってきた機械との対話、その要素技術と今後の発展」

概要

近年、スマートフォンの普及やロボット技術の発展に伴い、ロボットやデジタルエージェントと人間が声を使って会話をする機会が増えてきています。今回の産官学連携塾では、身近になりつつあるこの声を使ったインタフェースについて、それぞれの要素技術の中身とその最先端の状況と絡めて紹介いたします。
要素技術としてあげられるキーワードの中でも、特に話者照合、音声合成、音声認識/音声対話システム、については、現状及び今後の可能性についてオープンソースプログラムの紹介と共に、山岸講師始め3名の講師陣から詳しく説明いたします。全体講演の後、講演テーマ毎の3つのグループに分かれて掘り下げたインタラクティブディスカッションの時間を設定いたします。
音声信号処理や機械学習に関する解説から話題のディープラーニングに関する話題まで、音声情報処理研究分野に興味をお持ちの方には楽しめる内容となる予定ですので是非ご参加ください。

Agenda

16:00-17:15全体講演×3件(講演テーマ:話者照合、音声合成、音声認識&音声対話)
17:15-17:20休憩
17:20-17:40講演テーマ毎に3つのグループに分かれて個別ディスカッション
17:40-18:00最初のテーマから別テーマに移動してディスカッション

参加対象

音声情報処理技術の研究開発に携わっている企業研究者の方、あるいは実際に音声情報処理技術をビジネスの中で対象として活用されている企業の方を対象といたします。
具体的な業種としては、下記の技術の研究開発、ビジネス活用を御担当されている企業の方。
「自動車、人工知能、SNS、ロボット、IoT、セキュリティー、福祉、通信、カスタマーサービス、ゲーム、仮想現実」

参加申込

申込定員に達しましたので、受付終了いたしました(7/6)

パートナー会員登録について

共同研究等の課題、研究動向に関する意見交換等について、NII・研究戦略室と双方向のコンタクトを承諾できる方を対象に、パートナー会員(無料)を募集しています。
なお、NIIが主催する産官学連携交流会、産官学連携塾等の開催情報を優先的にお知らせ、定員を設けたイベントの申し込みへの優先的参加受付を行います。また、パートナー会員様が、NII(情報学)への問い合わせ窓口として、研究戦略室メンバー自らが、確実に、対応・回答いたします。
登録をご希望の方は、以下のフォームよりお申込みください。

問い合わせ先

国立情報学研究所 研究戦略室
nii-ura[at]nii.ac.jp ※[at]の部分を@に置き換えて送信してください。