トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/11/30 プレスリリース
 

2016/11/30

CiNii Booksに新機能/国立国会図書館デジタルコレクションと連携/電子版の本文データへの直接アクセスが可能に

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)は11月30日から、大学図書館に所蔵された本の情報検索サービス「CiNii(サイニィ) Books」(http://ci.nii.ac.jp/books/)に「国立国会図書館デジタルコレクション」(http://dl.ndl.go.jp/)との連携機能を新規追加します。これにより、CiNii Booksの利用者は、CiNii Booksに情報が収録されている図書・雑誌について、検索結果画面から国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている本文に直接アクセスして閲覧することが可能になります。

CiNii Booksは、日本国内の大学図書館などが所蔵する本(図書や雑誌など)の情報検索サービスです。NIIが運用する目録システム(NACSIS-CAT)に蓄積された国内の大学図書館など約1200館が所蔵する1千万件以上(のべ1億冊以上)の本の情報や、約150万件の著者の情報を検索することができます。

国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているさまざまなデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。国立国会図書館が過去に公開していた「貴重書画像データベース」「近代デジタルライブラリー」「児童書デジタルライブラリー」などインターネットで資料の画像を見ることができるサービスも統合されています。図書(約96万点)、雑誌(約126万点)をはじめ、電子書籍・電子雑誌(約40万点)、古典籍資料(約9万点)、歴史的音源(約5万点)など、計約300万点の資料が登録されています。このうち、約82万点がインターネットで公開され、絶版などの理由で入手困難な資料約142万点が全国の図書館等(約750施設)で閲覧可能です。

今回の連携で、国立国会図書館デジタルコレクションの電子リソースのうちCiNii Booksとひも付けられた約76万件のデータへのリンクがCiNii Booksの検索結果画面に表示されるようになります。このうち、国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されている資料については、図書館に足を運んで実物の図書・雑誌を閲覧したり、改めて国立国会図書館デジタルコレクションで電子リソースを検索したりすることなく、図書・雑誌の本文データが見られるようになります。

詳細につきましては、以下のリリースをご参照下さい。

ニュースリリース