トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/11/24 プレスリリース
 

2016/11/24

江戸の文化を現代に取り込む「江戸料理レシピデータセット」を整備~江戸時代の料理本を「レシピ化」し、クックパッドでも公開~

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)と大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館(国文研、館長:今西 祐一郎、東京都立川市)は11月24日より、江戸時代の料理本に書かれた調理手順をデジタル化し、現代の人々でも使える形式に整備した「江戸料理レシピデータセット」の公開を始めました。また、現代語訳、および、現代の「レシピ」形式に編集したデータを、同日から料理レシピ投稿・検索サービスの「クックパッド」でも公開します。

NIIと国文研は日本の学術コミュニティーのオープンサイエンスを推進するため、協働して歴史的典籍のオープンデータ化に取り組んでいます。本年11月10日に今回の「江戸料理レシピデータセット」の原典を含む古典籍700点の画像データと書誌データなどを「日本古典籍データセット」として公開し、同17日には古典籍で使われているくずし字の字形データによる「日本古典籍字形データセット」も公開しました。両データセットはともに、情報・システム研究機構の「人文学オープンデータ共同利用センター」準備室のサイトで提供しています。

一連のデータセット公開の第三弾となる今回は、日常生活に密接に関連したテーマである料理が対象です。日本古典籍データセットで公開した料理本はくずし字で書かれており、しかも用語や素材などを理解するには当時の文化に関する知識が必要となるため、料理本の画像データを公開するだけでは誰もが江戸料理を作れるわけではありません。そこでNIIと国文研は、これを現代のレシピ形式に整備して公開することにしました。さらにNIIと国文研は、クックパッドと一般社団法人日本家政学会 食文化研究部会が運営する「クックパッド 江戸ご飯」(http://cookpad.com/recipe/list/14604664)に参加し、本データセットを「クックパッド 江戸ご飯」にも掲載して公開することにしました。クックパッドでレシピデータを公開することで、多くの方々が既になじんでいるウェブサービス(アプリ)からも江戸料理のレシピを利用できるようになります。

NIIと国文研は、本データセットが提供するレシピが、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」の歴史と文化を理解する一助になることを期待しています。

詳細につきましては、以下のリリースをご参照下さい。

ニュースリリース

江戸料理レシピデータセット | 人文学オープンデータ共同利用センター