トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/11/14 プレスリリース
 

2016/11/14

数学(東大2次模試)76.2、物理(入試センター試験模試)59.0/数学と物理の偏差値を大幅に向上!/「ロボットは東大に入れるか」

【国立情報学研究所・富士通研究所・サイバネットシステム 共同発表】

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川優、東京都千代田区)、株式会社富士通研究所(富士通研究所、代表取締役社長:佐々木繁、神奈川県川崎市)、サイバネットシステム株式会社(サイバネット、代表取締役 社長執行役員:田中邦明、東京都千代田区)は、国立大学法人名古屋大学、国立大学法人東京大学と共同で、NIIの人工知能(AI)プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」(東ロボ)において、東京大学第2次学力試験に向けた論述式模試とマークシート式の大学入試センター試験模試に挑戦し、論述式模試の数学(理系)で偏差値76.2、センター試験模試の物理では偏差値59.0と、昨年度を大幅に上回る成績をあげました。

NII、富士通研究所、名古屋大学を中心に構成する「東ロボ」数学チームは、学校法人高宮学園 代々木ゼミナールの論述式模試「東大入試プレ」に挑戦しました。数学(理系)では、問題文を入力後、問題文の解釈から自動求解、解答の作成までをAIにより完全に自動で行い、6問中4問を完答した結果、偏差値76.2(得点80点=120点満点)を獲得しました。昨年度は、学校法人駿河台学園 駿台予備学校の論述式模試を受験し、数学(理系)は偏差値44.3(20点)でした。数学チームには平成24年度(2012年度)に富士通研究所、平成25年度(2013年度)に名古屋大学が参加し、3団体を中心に共同研究を行っています。解答プロセスの前半にあたる自然言語処理部分を名古屋大学を中心とするグループ、後半の数式処理部分を富士通研究所を中心とするグループが担当しました。

富士通研究所、サイバネット、東京大学を中心に構成する「東ロボ」物理チームは、従来の技術に数学チームで確立した技術を加えて、昨年度に続いて株式会社ベネッセコーポレーションのセンター試験模試「進研模試 総合学力マーク模試」に挑戦。シミュレーションの設定において一部で人が介入しましたが、現時点の自然言語処理技術と画像処理技術を用いれば生成可能と想定される内部形式から、AIによる自動求解の結果、偏差値59.0(62点=100点満点)を達成しました。昨年度と比較すると、偏差値で12.5ポイント、得点は20点向上しています。物理チームは昨年度までNIIを中心に研究開発を行っていましたが、今年度から富士通研究所、サイバネット、東京大学の3団体を中心にした新体制で共同研究を行っています。

詳細につきましては、以下のリリースをご参照下さい。

ニュースリリース