トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/06/09 プレスリリース
 

2016/06/09

効率的なネットワーク構成を示すグラフ発見を競うコンペを今年も開催

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)は、スーパーコンピューター(スパコン)などで使われている複雑なネットワーク構成を簡単なグラフにおきかえ、CPUチップ内およびCPUチップ間のネットワークの効率的な設計につながる、より単純な構成のグラフの発見を競うコンペティション「グラフ ゴルフ」(*1)を昨年度に続いて開催し、9月25日まで本コンペの専用ウェブサイトで応募を受け付けます。優れたグラフの発見者は11月に東広島市で開催されるコンピュータシステムとネットワーク技術に関する国際シンポジウム「CANDAR2016」で表彰します。

(*1) 「グラフ ゴルフ」: 専門家以外にもコンペを身近に感じてもらい、より多くの方の参加につなげるため、信号がコアを一つひとつ経由して流れていく様をショットを一打ずつ積み重ねて最少打数を競うゴルフになぞらえて命名。昨年度の結果はhttp://research.nii.ac.jp/graphgolf/2015/ranking.html

※発表内容の詳細につきましては、下記のリンクをご参照下さい。

詳細はこちら