トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/05/25 プレスリリース
 

2016/05/25

「不満」を研究用データセットとして無償提供開始/株式会社不満買取センターと提携

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)と株式会社不満買取センター(FKC、代表取締役社長:中島 正成、東京都新宿区)は研究コミュニティーへの研究用データセット提供で提携し、NIIは5月25日より、FKCが運営しているサービス「不満買取センター」(http://fumankaitori.com/)で買い取られた「不満」と投稿者のデータを「不満調査データセット」として研究コミュニティーに無償提供します。

今回提供されるデータは、平成27年(2015年)3月18日から同8月31日までに投稿されたデータのうち、FKCによる解析が完了している「不満」約25万件と、これらの不満を投稿したユーザー約2万人分のプロフィール情報です。本データに含まれるのは「不満買取センター」で会員が閲覧できる情報であり、特定の企業や個人につながる情報や投稿者を特定できるような個人情報は一切含んでいません。「不満調査データセット」はNIIのデータセット共同利用研究開発センター(センター長:コンテンツ科学研究系教授 大山 敬三)の情報学研究データリポジトリ(IDR)を通じて提供されます。

NIIでは平成22年(2010年)にIDRを設置し、様々な企業や機関が保有する各種のデータセットを受け入れて情報学分野の研究コミュニティーに提供を行ってきました。昨年4月には、情報学研究に有用なデータセットを整備して研究者に提供するとともにデータセットの構築とその活用基盤に関する研究開発を行うデータセット共同利用研究開発センターを新設し、研究コミュニティーへのビッグデータの提供をさらに強化するとともに、大規模な実データと最先端情報技術を活用したデータサイエンス研究の加速に取り組んでいます。FKCはNIIのこうした取り組みに賛同し、NIIを通じてデータを公開することにしました。

NIIでは、今後もデータセットの拡充とデータセット共同利用の深化のための研究開発に取り組み、より多くの研究者が自由な発想で研究に利用できるようにするためのシステムプラットフォームの構築を進めてまいります。FKCは今回のデータ提供により、人工知能および自然言語処理の研究の発展に寄与したいと願っています。また、不満意見を利用したデータドリブンな意思決定による「不満のない社会」の創出を期待しています。

株式会社不満買取センターによる「不満調査データセット」提供の背景などについては、下記のリンクをご参照下さい。

詳細はこちら