トップ > ニュース > 2016年度 > 2016/05/25 プレスリリース
 

2016/05/25

大学・研究機関のクラウド導入を支援する「学認クラウド」に日本マイクロソフトが協力

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)は日本マイクロソフト株式会社(日本マイクロソフト、代表執行役社長:平野 拓也、本社:東京都港区)と、大学・研究機関におけるクラウドの利活用拡大に向けてNIIが今年度中に本格的に提供を始めるクラウド導入支援サービス「学認クラウド」(現在は実証実験期間中)において協力することで合意しました。日本マイクロソフトは「学認クラウド」を利用する大学・研究機関(実証実験期間中は実験参加機関)を対象にした「学認クラウドユーザー向け Microsoft Azure導入支援サービス」を開始します。

クラウドは迅速性や柔軟性、経済性、さらに運用負担の軽減といった点で大学・研究機関においても期待が高まっており、利活用も進みつつあります。しかし、現時点では大学・研究機関がクラウドサービスを利用する上で必要となる情報や知識、ノウハウの蓄積が不足しており、大学・研究機関に向けたクラウドサービス商品の提供がこれからであることも課題となっています。「学認クラウド」は、こうした課題を解決して大学・研究機関におけるクラウドサービスの導入と利活用を推進することで、クラウドを活用した高度な学術情報基盤を整備することを目的としています。

今後、「学認クラウド」では、大学・研究機関がクラウドサービスを導入する場合に確認すべき事項のリストを整備するとともに、リストの各項目に対する各クラウド事業者のサービスの検証結果や研究・教育分野におけるクラウドの具体的な利用方法などの情報を大学・研究機関に提供します。また、大学・研究機関側のクラウドサービスに対するニーズをまとめてクラウド事業者と共有し、クラウド事業者が大学・研究機関向けに提供するクラウドサービスが拡充されるように働きかけていきます。今回の日本マイクロソフトとの協力合意では、大学・研究機関に提供される情報の充実と、大学・研究機関がクラウドサービスを活用する際の選択肢の拡大が期待されます。NIIは今回の合意をはじめとしてクラウド事業者の協力を幅広く得ながら、大学・研究機関がクラウドを利活用してゆくための情報や知識、ノウハウを蓄積し、大学・研究機関のクラウドサービスの導入や利活用の支援に活かしていきます。

本件の詳細については、下記のリンクをご参照下さい。

詳細はこちら