トップ > ニュース > 2015年度 > 2015/06/24 プレスリリース
 

2015/06/24

国内唯一 日本の博士論文を一元的、網羅的に検索できる新サービス「CiNii Dissertations」の試験運用を開始

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(以下NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)は日本の博士論文を一元的、網羅的に検索でき、電子化されて公開されている博士論文の本文も表示できる国内唯一のサービス「CiNii Dissertations(サイニィ ディザテーションズ)」を開発し、本年10月から提供します。正式公開に先立ち、今月から試験運用を開始しました。「CiNii Dissertations」は以下のURLから、無料で、どなたでも利用可能です。

http://ci.nii.ac.jp/d/

「CiNii Dissertations」で検索できる博士論文のデータは、国立国会図書館が所蔵している大正12年(1923年)9月以降の国内博士論文約57万件、国立国会図書館が平成3年(1991年)度から平成12年(2000年)度までに受け入れて電子化した「国立国会図書館デジタルコレクション」約13万件(電子化された本文データ含む)、及び、各大学の機関リポジトリの収録データ計約13万件です。

これまで博士論文を利用するには、上記の国立国会図書館や大学の蔵書検索をそれぞれ調べる必要がありました。「CiNii Dissertations」ではそれらを一括して網羅的に検索することが可能です。さらに、本文が電子化されて公開されている場合、数クリックで本文を閲覧することができます。「CiNii Dissertations」は博士論文の検索や本文の閲覧の利便性を格段に向上させる「ワンストップ」サービスを提供します。

本サービスの詳細などにつきましては、下記のリンク先をご参照下さい。

詳細はこちら