トップ > ニュース > 2014年度 > 2014/04/08 プレスリリース
 

2014/04/08

量子コンピュータ実現に向けた、長寿命量子メモリ構築への新しいアプローチの発見 ~超伝導磁束量子ビット・ダイヤモンド系における隠れた量子状態の発見と解明~

日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫 以下、NTT)と大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(東京都千代田区、所長:喜連川 優 以下、NII)、国立大学法人 大阪大学(大阪府吹田市、総長:平野 俊夫 以下、大阪大学)は、超伝導磁束量子ビットとダイヤモンド量子メモリを組み合わせたハイブリッド系において、長い寿命を持つ隠れた量子状態(ダーク状態)が発現するメカニズムを世界で初めて明らかにしました。本結果は、保持時間の長い量子メモリを構成する新しいアプローチとして応用できるため、大規模量子コンピュータに必要となるリソースの大幅な削減と、それに伴う開発コストの低減とにつながることが期待されます。そのため、高速の量子情報処理の実現に向けたブレークスルーとなる可能性を有します。
今回得られた成果は、英国の科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(4月8日付)で公開されます。
本研究は、内閣府/日本学術振興会・最先端研究開発支援プログラムの支援を受けています。また、本研究の成果の一部は独立行政法人情報通信研究機構(東京都小金井市、理事長:坂内 正夫)からの委託研究「量子もつれ中継技術の研究開発」により得られたものです。

詳細はこちら