トップ > ニュース > 2013年度 > 2013/05/28 プレスリリース
 

2013/05/28

日本初のゲームによるオープンサイエンス・プラットフォーム 『meQuanics』体験版 (ウェブアプリケーション)」を公開

情報・システム研究機構 国立情報学研究所(所長 喜連川 優)の根本香絵教授とその研究チームは、量子コンピュータ研究における喫緊の課題「いかに回路を小さくするか?」をそのままコンピュータ・ゲームにした『meQuanics』(メカニクス)体験版 (ウェブアプリケーション) を、オープンサイエンスのプラットフォームとして5月28日から正式公開します。 ICTを用いて効率的なサイエンスのあり方を提案するオープンサイエンスが世界的に注目を集めています。中でも、誰でも気軽に参加できる「ゲーム」形式が、生物・医療分野などで成功を収める事例が出てきました。量子コンピュータ・ゲーム『meQuanics』では、大規模量子情報処理の実現へ向け現在最も有力視されている 「トポロジカル誤り訂正」と呼ばれる手法を忠実に再現しているのが、大きな特徴です。今回のリリースを皮切りに、今後スマホ等の携帯用 アプリケーションへの展開も予定しており、データの集積による集合知で難題解決のスピードアップを図ります。

詳細はこちら