事業について
事業について
電子図書館(NII-ELS)の事業終了について
事業の終了にあたって

国立情報学研究所(NII)は、我が国の学協会の発行する学術雑誌等の電子化・公開により、学術情報流通に貢献することを目的として、平成9(1997)年から国立情報学研究所電子図書館事業(NII-ELS)を開始しました。
その後、現在に至るまで18年にわたって事業を継続し、428の学会の1,400種類の雑誌、合わせて362万論文の電子化を行ってきました。電子化した論文は全て、本研究所が提供する学術コンテンツサービスであるCiNiiを通じて広く利用されています。

しかし一方で、海外では紙からの電子化の時代は早々に終わりを告げ、ボーンデジタルの電子ジャーナル出版が主流となっています。わが国でも、平成11年(1999年)に科学技術振興機構(JST)がJ-STAGEの運用を開始し、日本の学術雑誌の電子ジャーナル出版プラットフォームとしての役割を担うこととなりました。
この度、学協会誌の電子化に対する国の支援はJ-STAGEに一本化するという国の方針が示され、また、JSTがJ-STAGE Lite(仮称)という、ELS参加学協会誌の登録が可能なプラットフォームの開発に着手することが明らかにされたため、国の指導を受けて活動している本研究所は、その方針に従い、ELSを終了するという決断を下すに至りました。

今回の事業終了に伴い、引き続き学術雑誌の電子公開を予定している学協会様におかれましては、ELSに代わる新しい形での電子化と公開についてご検討ください。

今後の事業終了に向けた移行についてのスケジュールや移行詳細について、以下にご案内いたします。

関連情報
スケジュール
移行先のご案内
移行の流れ
移行の申請
著作権使用料および還元金の支払
よくある質問
 支援業者リスト
お問い合わせ
▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2014年08月28日