メールマガジン / MAIL MAGAZINE

バックナンバー

第95号(2011年7月27日発行)(2011年07月27日発行)

===== NII メールマガジン ============================ 2011/07/27
第95号           http://www.nii.ac.jp/

========================================================
NIIメールマガジンは、国立情報学研究所関連のイベント、サービスや出版物
などの最新情報を月1回程度電子メールでお届けするものです。
--------------------------------------------------------------------

-目 次-

1.イベント案内
2.募集
3.受賞
4.プレスリリース
5.出版物
6.Pick Up

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
『研究者のひとことMessage♪第3回』
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
「情報学」の先端を一般向けに解説する市民講座の第2回を8月1日(月)
に開催します。今回は“新しい情報社会の扉を開く量子技術”をテーマに
お話します。

講師の山本喜久教授から読者の皆さまへ!

現代科学の根底を支える量子論をひと言で要約すると、「そこには、
粒子とか波とか我々が慣れ親しんでいるものは存在せず、抽象的な
情報だけが定義できる」ということになります。私達の直感と鋭く
対立する、この量子論の原理を具体的なコンピュータ技術へ発展さ
せようとする研究が世界中で行われています。この自然の摂理に
反するような研究者達の挑戦に勝ち目はあるのでしょうか。

〜量子コンピュータは本当に実現できるのか?〜
市民講座第2回の詳細はこちら http://www.nii.ac.jp/shimin/

★★★★★★★★★★★★ イベント案内  ★★★★★★★★★★★★★

≪対象:一般≫
平成23年度 国立情報学研究所 市民講座 「未来を支える情報学」(全8回)
※毎回、聴覚障がいをもつ方のための文字通訳がつきます。

■第2回:量子コンピュータは本当に実現できるのか?
新しい情報社会の扉を開く量子技術
(最先端研究開発支援プログラム)

日 時:8月1日(月)18:30-19:45(質疑応答を含む)
会 場:学術総合センター2階 中会議場(千代田区一ツ橋2-1-2)
講 師:山本 喜久(国立情報学研究所/スタンフォード大学 教授)
概 要:
現代コンピューターの基本概念[チューリングマシーン]は、第2次世界大戦
中にドイツが使用していた暗号Enigmaを解読するために発明されました。以来
70年間、一貫してこの基本思想に基づいて進化を続けてきた現代コンピューター
[ノイマン式]にも弱点があります。これを克服するため、量子力学という全く
新しい概念に基づく未来コンピューターの開発競争が世界中で行われています。
その研究開発の最前線を紹介します。

■第3回:コミュニケーションを科学する
-井戸端会議の中の構造とは?

日 時:9月1日(木)18:30-19:45(質疑応答を含む)
会 場:学術総合センター2階 中会議場(千代田区一ツ橋2-1-2)
講 師:坊農 真弓(国立情報学研究所助教)
概 要:
井戸端会議に参加していて、「あ,次はこの人がしゃべりそう」と
なんとなく感じたことはありませんか?言葉尻のイントネーション、
相手がこっちを見ている、手振り身振りなど・・・。
日々のコミュニケーションの中ではいろんな情報が飛び交っています。
コミュニケーションを科学的に分析する方法をご紹介します。

 *第3回は文字通訳に加え、手話通訳もつく予定です。

参加費:無料
参加資格:どなたでも参加できます。事前に申込みをしてください。
申込方法: 
電子メールにて、件名「国立情報学研究所 市民講座申込み」
本文「(1)参加希望回、(2)氏名(フリガナ)、(3)連絡先」を
ご記入のうえ国立情報学研究所 市民講座担当宛[shimin@nii.ac.jp]まで
お送りください。
詳 細:http://www.nii.ac.jp/shimin/

*過去の市民講座の講義映像、資料、Q&A、講義内容を入力した文字の記録
は下記からご覧いただけます。
http://www.nii.ac.jp/shimin/archives/

--------------------------------------------------------------------
<<対象:研究者・技術者>>
■VDM、SPINから始める形式手法入門

講 師:国立情報学研究所 石川 冬樹,田辺 良則
日 程:2011年8月8日(月)-12日(金) 各日とも17:30-19:30(17:00受付開始)
※初日のみ参加も可能です。
会 場:国立情報学研究所 20階 ミーティングルーム1・2(2009・2010)
主 催:NPO法人 トップエスイー教育センター
協 力:国立情報学研究所 GRACEセンター
受講料:一般会員 無料、一般非会員 16,000円(税込み)
学生会員 無料、学生非会員 8,000円(税込み)
※初日のみ参加の場合、参加費は無料です。
詳 細:http://www.topse.or.jp/docs/?q=node/27

--------------------------------------------------------------------
≪対象:一般≫
■NetCommonsユーザカンファレンス2011

日 時:8月18日(木)10:00-17:05
会 場:学術総合センター2階 一橋記念講堂(千代田区一ツ橋2-1-2)
参加費:無料
詳 細:http://www.netcommons.org/
参加申込:NetCommons公式サイトより、先着450名

--------------------------------------------------------------------
≪対象:研究者≫
■The 16th ACM SIGPLAN International Conference on Functional Programming
http://www.icfpconference.org/icfp2011/

日 時:9月19日(月)〜21日(水)
会 場:学術総合センター

★★★★★★★★★★★★★★ 募 集 ★★★★★★★★★★★★★★★

≪対象:研究者向け・学生向け≫
■Scilab Toolbox Japan Contest 2011

INRIA(フランス国立計算機科学・自動制御研究所)が開発した数値計算
プラットフォームのScilab(サイラブ)を用いたToolboxを、作品と製作
者によるプレゼンテーションを元に審査します。

優秀作品には以下の賞金が贈られますので、ふるってご応募ください。
【学生カテゴリ】
最優秀賞10万円、優秀賞5万円
【一般カテゴリ】
最優秀賞15万円、優秀賞8万円

 スケジュール:
2011年8月21日 作品タイトル アブストラクト締切
2011年8月31日 作品提出締切
書類審査
2011年9月15日 製作者によるプレゼンテーション、審査及び授賞式

詳 細:http://www.nii.ac.jp/scilab/contest/2011/
お問い合わせ:企画推進本部企画チーム kikaku@nii.ac.jp

※出品を検討される方は、ご連絡ください。
--------------------------------------------------------------------

■平成23年10月・平成24年4月入学 総合研究大学院大学情報学専攻
(5年一貫制博士課程/博士後期課程)学生募集

 国立情報学研究所は、総合研究大学院大学(総研大)に参加し、
同大学の複合科学研究科に「情報学専攻」を開設しています。
現在、大学院情報学専攻(5年一貫制博士課程/博士後期課程)の
学生を募集しています。
・平成23年10月入学
・平成24年 4月入学(第1回)
出願期間:平成23年7月22日(金)〜7月28日(木)必着
選抜期日:平成23年9月 1日(木)〜9月2日(金) のうち1日
情報学専攻の学生募集の詳細は、下記をご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/graduate/applications/index.html

 情報学専攻アクセス支援制度
入学を希望される方が、事前相談等で本専攻を訪問される際に
交通費を支給する制度があります。
詳しくはこちら http://www.nii.ac.jp/graduate/aid/access-aid.html

★★★★★★★★★★★★★★ 受 賞 ★★★★★★★★★★★★★★★

■総研大大学院生Zhi LiuさんがICME workshop StreamComm 2011でBest
Student Paper Awardを受賞
http://www.nii.ac.jp/news/2011/0713/
■Cherry Zhangさん(佐藤いまり研究室)がIEEE CVPR 2011でBest
Student Paper Honorable Mentionを受賞
http://www.nii.ac.jp/news/2011/20110630/

★★★★★★★★★★★★ プレスリリース ★★★★★★★★★★★★★

■東京証券取引所とDSF成果を活用した形式手法適用実証実験をIPA SEC主催
で開始 〜DSFが「形式手法活用ガイド」を正式リリース〜
http://www.nii.ac.jp/news/2011/0721/
■高精細画像で絵巻を鑑賞 「国宝 玄奘三蔵絵の世界」を一般公開
http://www.nii.ac.jp/news/2011/0720/
■人間とデバイスの感度の違いを利用したディスプレイの盗撮防止技術
-ディスプレイの盗撮による機密情報や個人情報の漏えいを防止-
http://www.nii.ac.jp/news/2011/0704/

★★★★★★★★★★★★★ 出版物 ★★★★★★★★★★★★★★★★

■"Progress in Informatics" No.9 ‘Theoretical Computer Science and
Discrete Mathematics’の投稿募集中です。
*一般論文の投稿も受付けています。
(締切:平成23年9月末)
http://www.nii.ac.jp/pi/

 その他、教員の著書紹介を下記ページに掲載しています。
http://www.nii.ac.jp/publication/niibooks/

★★★★★★★★★★★★★  Pick Up  ★★★★★★★★★★★★★

■平成23年度 NIIオープンハウス 基調講演などの映像を公開しました!

所長挨拶:「NII2011 活動報告」
基調講演:「不可能立体と不可能モーション」
基調講演:「ネット時代の世論形成」
基調講演:「新世代のサイエンスクラウドとそれを実現するグリーンスパ
コンとネットワーク」
市民講座:「医療を支えるセンサーネット」
SINET4開通記念シンポジウム

*各講演映像は下記よりご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/openhouse/

 

========================================================
-編集後記-
NII メールマガジン 第95号をお届けしました。
ご意見、ご感想は、[kouhou@nii.ac.jp]までお願いいたします。

 NII メールマガジンの登録解除、登録後のアドレス変更、バックナンバー
については、下記のURLをご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/mail/

 NII メールマガジンは、購読の登録をされた方にお送りさせていただいて
おります。

 メールマガジンは、(財)日本情報処理開発協会が認定する「プライバシー
マーク」を取得した個人情報の保護に関して信頼のおける業者に委託しており
ます。
記事中のURLは内容を詳細にお知らせするためのものですが、クリック件
数により読者のニーズを把握し、よりよい誌面つくりにも活用させていただく
ことにしています。皆様お一人お一人の行動履歴やパターンを調べるために使
用することは一切ありません。

 
--------------------------------------------------------------------
編集・発行
--------------------------------------------------------------------
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立情報学研究所 企画推進本部 広報普及チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
TEL:03-4212-2136
E-Mail:kouhou@nii.ac.jp
ホームページ:http://www.nii.ac.jp/

========================================================

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp 
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL