メールマガジン / MAIL MAGAZINE

バックナンバー

第72号(2009年8月28日発行)(2009年08月28日発行)

===== NII メールマガジン ============================ 2009/08/28
第72号           http://www.nii.ac.jp/

========================================================
NIIメールマガジンは、国立情報学研究所関連のイベント、サービスや出版物
などの最新情報を適宜まとめて月1回程度電子メールでお届けするものです。
--------------------------------------------------------------------
-目 次-

1.イベント案内
2.募集
3.受賞
4.最近の出版物

★★★★★★★★★★★★★ イベント案内 ★★★★★★★★★★★★★

■社会イノベーションを誘発する情報システムに関する国際ワークショップ
International Workshop on Information Systems for Social Innovation
(ISSI) 2009

日 時:9月30日(水)10:00-18:00
会 場:学術総合センター 2階一橋記念講堂
URL:http://www.nii.ac.jp/issi/
主 催:国立情報学研究所
共 催:フライブルク大学(ドイツ)、ウィーン工科大学(オーストリア)

参加費:無料
オンライン申し込みフォームからお申し込みください。
http://nii-mag.nii.ac.jp/o.x?f=93015805
言 語:日英(同時通訳)

趣 旨:
本ワークショップではコンプライアンス、プライバシー、IT リスクマネ
ジメント、情報セキュリティに関わる安全・安心の問題をヨーロッパと
日本の研究機関で議論することを目的に、国立情報学研究所と国際交流
協定を締結している海外研究機関と、国際ワークショップを開催します。

プログラム(予定):
10:00-10:15 開会挨拶
東倉洋一 (国立情報学研究所 副所長)
Hans-Joachim Daerr (駐日ドイツ連邦共和国大使)

10:15-10:45 「相互理解が最良の安全保障」
長尾真 (国立国会図書館長)

10:45-11:15 「Privacy and Protection of Personal Data in the EU,
Transfers of Personal Data to third Countries」
Hana Pechackova (欧州委員会)

11:15-11:45 「Security for Society - Is any Technological Possibility
a Desirable Solution for Democracy?」
Gerhard Schneider
(フライブルク大学教授チーフインフォメーションオフィサー)

11:45-16:50 ポスター・デモセッション

13:00-13:30 「情報セキュリティが拓くネット社会の未来」
岡本龍明(NTT情報流通プラットフォーム研究所 特別研究室長)

13:30-14:00 「Security and Privacy Issues in the Austrian
"patient record" project ELGA」
Thomas Mueck (ウィーン工科大学 教授)   

14:00-14:20 「実世界とITの融合による知識創発インフラストラクチャ」
前田章(日立製作所システム開発研究所 所長)

14:20-14:40 「地球規模の知識共有と教育機関の役割」
安西祐一郎(国立情報学研究所 顧問、前慶應義塾 塾長)

14:40-14:50 「International Research Cooperation - Chances and
Challenges」
Iris Wieczorek (ドイツ研究協会東京事務所 代表)

15:20-16:40 研究紹介
渡辺克也(総務省総合通信基盤局 電波政策課長、NII客員教授)
Helmut Prendinger (国立情報学研究所 准教授)
竹村敏彦(関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構 助教)
Johannes Heurix (オーストリア・セキュアビジネスセンター 研究員)
越前功(国立情報学研究所 准教授)
Sven Wohlgemuth (国立情報学研究所 研究員)

16:50-17:50 パネルディスカッション 「社会と調和する科学技術」
議長:林紘一郎 (情報セキュリティ大学院大学 学長)
モデレータ:越前功(国立情報学研究所 准教授)
Gerhard Schneider
(フライブルク大学 チーフインフォメーションオフィサー)
Thomas Mueck (ウィーン工科大学 教授)
Hana Pechackova(欧州委員会)
岡部寿男(京都大学学術情報メディアセンター 教授)
岡本龍明(NTT情報流通プラットフォーム研究所 特別研究室長)
野村雅行(日本情報通信株式会社 代表取締役社長)
Peter Mertens (シーメンス株式会社 ゼネラルマネージャー)
持田侑宏(フランステレコムジャパン CTO)

17:50-18:00 まとめ
坂内正夫(国立情報学研究所長)

最新情報及び詳細は下記をご参照ください。
http://www.nii.ac.jp/issi/ 

--------------------------------------------------------------------
■平成21年度 国立情報学研究所 市民講座 「社会を変える情報学」(全8回)

【第4回】ネット時代の社会心理
-インターネットは地域社会をどう変えるのか?-
日 時:9月2日(水)18:30-19:45(質疑応答を含む)
会 場:学術総合センター 2階中会議場
講 師:小林哲郎(国立情報学研究所 情報社会相関研究系 助教)
概 要:
インターネット利用と地域社会のかかわりについて、近年の社会科学で
重要な論点となっている社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)を
キーワードに、国内外の研究成果を読み解いていきます。

【第5回】通信の品質保証
-快適な情報通信はいかに実現されるか?-
日 時:9月30日(水)18:30-19:45(質疑応答を含む)
会 場:学術総合センター 2階中会議場
講 師:計宇生(国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授)
概 要:
さまざまなアプリケーションやサービスをネットワーク上で提供する
場合、求められる品質に応じて必要な資源を割り当てたり、どの情報
から先に送るかという優先順位を決めてやる必要があります。こうし
た品質保証のための制御方法や手順について解説します。

参加費:無料
参加資格:どなたでも参加できます。事前に申込みをしてください。
申込方法: 
電子メールにて、件名「国立情報学研究所 市民講座申込み」
本文「(1)参加希望回、(2)氏名、(3)連絡先」をご記入の上
国立情報学研究所 市民講座担当宛[shimin@nii.ac.jp]まで
お送りください。

詳 細:http://www.nii.ac.jp/shimin/
後 援:千代田区

*先に開催された講座の映像、配布資料、質問への回答を掲載いたしました。
第2回「音声から情報を得る」
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=935
第3回「科学ジャーナリズム」(質問への回答は後日掲載予定)
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=315

*過去の市民講座の映像、配布資料、質問への回答は
下記からご覧いただけます。
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=598

--------------------------------------------------------------------
■第3回 SPARC Japan セミナー2009
RIMS 研究集会
「数学におけるデジタルライブラリー構築へ向けて
-研究分野間の協調のもとに」

日 時:平成21年9月8日(火)13:30-16:00
平成21年9月9日(水)10:00-15:50
会 場:京都大学附属図書館 ライブラリーホール
http://www3.kulib.kyoto-u.ac.jp/location.html
URL:http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2009/20090908.html
主 催:京都大学数理解析研究所
共 催:国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業 (SPARC Japan)
京都大学図書館機構

※お申し込み不要、参加自由です。
附属図書館入口カウンターに申し出て入館してください。

概 要: 
京都大学数理解析研究所 (RIMS) ではRIMS研究集会「数学における
デジタルライブラリー構築へ向けて」を開催します。2005年から2008年
までに開催した研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」では主に数学系
ジャーナルおよび紀要等の電子化に関する研究成果の発表と諸分野との
情報交換とが中心でした。
今回は世界的なDigital Mathematics Library (DML) 構築の流れを受け、
これまでに蓄積した成果および問題意識を諸分野の各ジャーナルおよび
デジタルリポジトリと共有し、同時に諸分野の成果と問題点との関わり
を議論する場とします。
数学と直接の関連をもたない研究分野のジャーナルでも数式を含む論文
が多数含まれることは珍しくありません。数学においても多様なメディ
ア等への対応、computationの発達に伴うeScience的なデジタルライブ
ラリーの構築には諸分野での経験が活かせると考えます。
日本において学術情報コミュニケーションを実際に担うグループは必ず
しも大きくなく、数学分野と諸分野との相互交流を深めることで学術
コミュニケーション全体を活性化することは必ずそれぞれの分野に還元
されるはずですので、この機会にご参集いただければ幸いです。

 最新情報及び詳細はURLをご参照ください。
www.sci.hokudai.ac.jp/~nami/blog/

講 師:
麻生和彦(東京大学数理科学研究科)
西村暁子(京都大学附属図書館情報管理課)
佐藤翔(筑波大学図書館情報メディア研究科)
高久雅生(物質・材料研究機構科学情報室)
谷藤幹子(物質・材料研究機構科学情報室)
Malte Dreyer (Max Planck Digital Library, Germany)
行木孝夫(北海道大学大学院理学研究院)
黒田拓(北海道大学大学院理学研究院) 
横井啓介(東京大学大学院情報理工学系研究科)
相澤彰子(国立情報学研究所)
鈴木昌和(九州大学大学院数理学府)
Mira Waller (Project Euclid)
David Ruddy (Project Euclid)

★★★★★★★★★★★★★★ 募集 ★★★★★★★★★★★★★★★★

■Scilab Toolbox Japan Contest 2009
INRIA(フランス国立計算機科学・自動制御研究所)が開発した数値計算
プラットフォームのScilab(サイラブ)を用いたToolboxを、作品と製作
者によるプレゼンテーションにより審査します。

 優秀作品には以下の賞金が贈られますので、ふるってご応募ください。
【学生カテゴリ】
最優秀賞10万円、優秀賞5万円
【一般カテゴリ】
最優秀賞20万円

●スケジュール:
9月 1日 作品受付開始
9月30日 作品提出締切
10月   書類選考(応募多数の場合)
11月 4日 製作者によるプレゼンテーション、審査及び授賞式

詳 細:http://www.nii.ac.jp/scilab/contest/2009/index.html
問合せ先:企画推進本部ディレクター付企画チーム
kikaku@nii.ac.jp
※出品を検討される方は、ご連絡ください。

★★★★★★★★★★★★★★ 受賞 ★★★★★★★★★★★★★★★★

■「多様なサービスを支えるSINET3の詳細ネットワーク設計」が
電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞を受賞しました。
http://www.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=937

★★★★★★★★★★★★★ 最近の出版物 ★★★★★★★★★★★★★

■「情報研シリーズ」 新刊発売中!

『ロボットのおへそ』(情報研シリーズ11)
http://www.nii.ac.jp/books/maruzen-lib/index-j.shtml
※全国学校図書館協議会 選定図書
稲邑哲也(国立情報学研究所准教授)
瀬名秀明氏(作家、東北大学機械系特任教授)
池谷瑠絵氏(ライター)著
丸善ライブラリー(新書):760円(税別)

*内容の一部はこちらでご覧いただけます。
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/view/9784621053775.html

*全国の有名書店で取り扱っています。
「情報研シリーズ」No.1〜10も、好評発売中!
http://www.nii.ac.jp/books/maruzen-lib/index-j.shtml

========================================================
-編集後記-
NII メールマガジン 第72号をお届けしました。
ご意見、ご感想は、[kouhou@nii.ac.jp]までお願いいたします。

 NII メールマガジンの登録解除、登録後のアドレス変更、バックナンバー
については、NIIホームページ http://www.nii.ac.jp/ の
画面左下「NIIメールマガジン無料」バナーをクリックしてください。

 NII メールマガジンは、購読の登録をされた方にお送りさせていただいて
おります。

 メールマガジンは、(財)日本情報処理開発協会が認定する「プライバシー
マーク」を取得した個人情報の保護に関して信頼のおける業者に委託しており
ます。
記事中のURLは内容を詳細にお知らせするためのものですが、クリック件
数により読者のニーズを把握し、よりよい誌面つくりにも活用させていただく
ことにしています。皆様お一人お一人の行動履歴やパターンを調べるために使
用することは一切ありません。

--------------------------------------------------------------------
編集・発行
--------------------------------------------------------------------
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立情報学研究所 企画推進本部 広報普及チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
TEL:03-4212-2131,2136
E-Mail:kouhou@nii.ac.jp
ホームページ:http://www.nii.ac.jp/

========================================================

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp 
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL