メールマガジン / MAIL MAGAZINE

バックナンバー

第58号(2008年6月26日発行)(2008年06月26日発行)

===== NII メールマガジン ============================ 2008/06/26
 第58号           http://www.nii.ac.jp/

========================================================
NIIメールマガジンは、国立情報学研究所関連のイベント、サービスや出版物
などの最新情報を適宜まとめて月1回程度電子メールでお届けするものです。
--------------------------------------------------------------------
-目 次-

1.イベント案内
2.募集
3.受賞

★★★★★★★★★★★★★ イベント案内 ★★★★★★★★★★★★★

■平成20年度 国立情報学研究所
市民講座「未来へつながる情報学」(全8回)

第2回:画像情報とマシンビジョン
-ロボットが世界を見て理解するために必要となる技術とは?-

講 師: 杉本 晃宏(コンテンツ科学研究系教授)
日 時: 7月3日(木)18:30-19:45
場 所: 学術総合センター内 中会議場
参加資格: どなたでも参加できます。事前に申込みをしてください。
参加費: 無料
詳 細: http://www.nii.ac.jp/shimin/index-j.shtml
後 援: 千代田区

概 要: 
日本はロボット研究の最も盛んな国のひとつです。
特に、人間のようなロボット(ヒューマノイド型ロボット)の研究では世界を
リードしています。ハードウェアや機械的制御の面では輝かしい発展を
遂げていますが、真に人間のような機能を持ったロボットをつくるためには、
ロボット自身が自らがおかれている環境を認識・理解して、自律的に
行動する必要があります。そのために欠かせない技術として、
ロボットの目であるカメラを通してコンピュータが環境を認識・理解すること
があげられます。
このような背景のもと、本講座では、そもそも人間は視覚を通してどのように
環境を認識しているのか、また、ロボットはカメラを通してどこまで環境を
認識することができるのか、そこで用いられている技術はどのような原理に
基づいているのか、などについて解説します。

*過去の市民講座の映像は下記からご覧いただけます。
http://www.nii.ac.jp/shimin/h19streaming-j.shtml

--------------------------------------------------------------------
■日本社会心理学会・第52回公開シンポジウム

幸福で豊かなインターネット社会のために、われわれができること、すべきこと
―サイコロジストとジャーナリストの対話―

場 所: 学術総合センター 一橋記念講堂
(東京都千代田区;地下鉄神保町・竹橋両駅から徒歩3分)
日 時: 2008年7月5日(土)13:30-16:30
参加費: 無料
※非会員・一般の方の参加も歓迎します。
事前申込不要。当日会場にて受付します。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jssp/index/sympo_52.html
主 催: 日本社会心理学会
共 催: 国立情報学研究所
後 援: 日本心理学諸学会連合

企画趣旨:
インターネット社会、という言葉は今ではもうまったく珍しいものではなく
なった。インターネット上の仮想空間と現実空間のシームレス化は着実
に進行し、インターネットは個と社会の関係を構築するインフラとして
不可欠の存在となった。
こうした現状をふまえ、本シンポジウムでは、インターネットを介した
ネットワーク・コミュニケーションが「現状・将来の幸福で豊かな社会生活に
どう資するか」を考え、その光と影に関する理解を共有したい。
社会心理学者とジャーナリストの対話から、「研究対象」としての
インターネットを考えることに加えて、研究知見などの「伝達ツール」として
のその役割と活用方法についても、改めて考えられる場としたい。

プログラム:
【話題提供】
「サイコロジストはネットワーク・コミュニケーションにどう対してきたか」
三浦麻子(神戸学院大学)
「未来を担う子どもたちのインターネット利用:社会の現況と影響研究の動向」
坂元章(お茶の水女子大学)
「ネットワーク・コミュニケーションは豊かな社会を支えるか:社会関係資本の
観点から」
小林哲郎(国立情報学研究所)
「サイコロジストは「参加者」としてインターネット社会にどうアプローチすべ
きか」
岡本真(Academic Resource Guide編集長)
「サイコロジストは「研究者」としてインターネット社会にどうアプローチすべ
きか」
佐々木俊尚(ITジャーナリスト)
【パネルディスカッション】
【質疑応答】

--------------------------------------------------------------------
■第3回 SPARC Japan セミナー2008
「韓国コンソーシアム事情 - 海外展開を目指して -」

日 時: 2008年7月10日(木)15:00-17:00
場 所: 学術総合センター 12階 会議室
参加費: 無料
詳 細: http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2008/20080710.html

概 要:
海外への流通促進の足がかりとして、まずは近年成長著しい韓国で、
電子ジャーナルの認知度を向上させ、拡販につなげるための一つの
方策として、韓国コンソーシアムについて学ぶ機会を設けました。
韓国コンソーシアムの事情を知る良い機会となりますので、韓国での
電子ジャーナル販売を検討している学協会はもちろん、今後の参考
にしたいという皆様につきましては、この機会にご参加いただければ
幸いです。

--------------------------------------------------------------------
■広帯域ネットワーク利用に関するワークショップ(ADVNET2008)

日 時: 2008年7月15日(火)10:00-17:00(予定)
場 所: 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール
参加費: 無料
詳 細: http://www.sinet.ad.jp/advnet2008/

--------------------------------------------------------------------
■NetCommonsユーザカンファレンス2008

Web2.0時代といわれる今日、情報をタイムリーにまた多角的に発信することは
企業だけでなく、あらゆる組織にとって必要不可欠です。
国立情報学研究所では、このようなニーズに応えるため情報共有基盤
システムNetCommonsを2001年から研究開発し、2005年からオープンソースで
配布をしています。NetCommonsは「簡単・低コスト・安全」に美しいポータルサイト
を構築するためのウェブアプリケーションです。すでに全国約1000の教育機関に
ウェブサイト構築ツールとして導入されているほか、自治体でのポータルサイトや
安心安全情報の配信、企業でのグループウェアやプロジェクト管理システムとして、
幅広く利用されています。
NetCommonsの効果的な利用法や効率的な運用方法についての情報を提供し、
ユーザの相互交流をはかるため「NetCommonsユーザカンファレンス2008」を
開催いたします。みなさま、ふるってご参加ください。

日 時:2008年8月11日(月) 10:00-16:30 (9:30開場)
場 所:学術総合センター 一橋記念講堂他
参加費:無料
参加申込:NetCommons公式サイトより
http://www.netcommons.org/

プログラム:
【全体会】10:00-12:00
基調講演、ベストプラクティスの紹介
【分科会】13:10-15:15
3つの分科会での事例発表およびNetCommons導入相談会
【クロージングセッション】15:30-16:30
NetCommons2.0の機能紹介

詳しくは、NetCommonsプロジェクト公式サイトまで
URL: http://www.netcommons.org/

★★★★★★★★★★★★★★★ 募集 ★★★★★★★★★★★★★★★

■平成20年10月・平成21年4月入学 総合研究大学院大学情報学専攻
(5年一貫制博士課程/博士後期課程)学生募集

  国立情報学研究所は、総合研究大学院大学(総研大)に参加し、
同大学の複合科学研究科に「情報学専攻」を開設しています。
現在、大学院情報学専攻(5年一貫制博士課程/博士後期課程)の
学生を募集しています。
・平成20年10月入学
・平成21年4月入学(第1回)
出願期間:平成20年7月25日(金)〜7月31日(木)
選抜期日:平成20年9月1日(月)〜9月2日(火) のうち1日
情報学専攻の学生募集の詳細は、下記をご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/graduate/applications/index.html

○情報学専攻アクセス支援制度
入学を希望される方が、事前相談等で本専攻を訪問される際に
交通費を支給する制度があります。
詳しくはこちら http://www.nii.ac.jp/graduate/aid/access-aid.html

■“Progress in Informatics”
“Progress in Informatics”は、情報学の幅広い分野における研究・開発の
促進と発展を目的とした国立情報学研究所(NII)が発行する査読付の
国際学術誌で、情報学の応用にわたる幅広い分野において、
国際学術コミュニティの討論と情報交流の場を提供しています。
掲載記事は原著論文だけでなく、研究・開発の進歩に対して国際貢献が
期待される調査やプロジェクト報告も含みます。
投稿は随時募集しています。

   No.6  投稿募集中
特集: Leading ICT Technologies in the Information Explosion
*一般論文も募集しています。
(締切:平成20年8月末)
http://www.nii.ac.jp/pi/

★★★★★★★★★★★★★★★ 受賞 ★★★★★★★★★★★★★★★

■佐藤いまり准教授が電子情報通信学会平成19年度論文賞を受賞
http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/05/post_61.shtml

■宇野毅明准教授がThe Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery
and Data Mining 2008においてBest Paper Runner-up Awardを受賞
http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/06/the_pacificasia_conference_on.shtml

■鯉渕道紘助教が情報処理学会論文賞を受賞
http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/06/post_62.shtml

========================================================
-編集後記-
NII メールマガジン 第58号をお届けしました。
ご意見、ご感想は、[kouhou@nii.ac.jp]までお願いいたします。

NII メールマガジンの購読解除、登録後のアドレス変更、バックナンバー
については、下記のURLをご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/magazine/nii-mag-top-j.shtml

 NII メールマガジンは、購読の登録をされた方にお送りさせていただいて
おります。

 メールマガジンは、(財)日本情報処理開発協会が認定する「プライバシー
マーク」を取得した個人情報の保護に関して信頼のおける業者に委託しており
ます。
記事中のURLは内容を詳細にお知らせするためのものですが、クリック件
数により読者のニーズを把握し、よりよい誌面つくりにも活用させていただく
ことにしています。皆様お一人お一人の行動履歴やパターンを調べるために使
用することは一切ありません。

--------------------------------------------------------------------
編集・発行
--------------------------------------------------------------------
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立情報学研究所 企画推進本部 広報普及チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
TEL:03-4212-2135,2136
E-Mail:kouhou@nii.ac.jp
ホームページ:http://www.nii.ac.jp/

========================================================

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp 
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL