メールマガジン / MAIL MAGAZINE

バックナンバー

第54号(2008年2月27日発行)(2008年02月27日発行)

===== NII メールマガジン ============================ 2008/02/27
第54号           http://www.nii.ac.jp/

========================================================
NIIメールマガジンは、国立情報学研究所関連のイベント、サービスや出版物
などの最新情報を適宜まとめて月1回程度電子メールでお届けするものです。
--------------------------------------------------------------------
-目 次-

1.イベント案内
2.受賞
3.最近の出版物
4.その他

★★★★★★★★★★★★★ イベント案内 ★★★★★★★★★★★★★

■科研 特定領域 「情報爆発IT基盤」平成19年度成果報告会

文部科学省 科学研究費補助金 特定領域研究
「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究(情報爆発IT基盤)」
H17〜H22年度 領域表者 喜連川優(東大)

科研特定領域「情報爆発IT基盤」では平成19年度成果報告会を下記
の通り開催します。多くのデモにより分かりやすく成果を報告致します。
3月3日午前にはNICT理事長宮原秀夫先生による基調講演『総合デ
ザイン力の涵養』を予定しております。

本成果報告会はどなたでもご参加頂けます。
概要やプログラムは下記URLをご参照ください。

日 時:平成20年3月3日(月)〜4日(火)
場 所:秋葉原コンベンションホール
東京都千代田区外神田1-18-13 
秋葉原ダイビル2F、5F (JR秋葉原駅から徒歩1分)
http://www.akibahall.jp/data/access.html
主 催:文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究
「情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究」
http://www.infoplosion.nii.ac.jp/info-plosion/

後 援:国立情報学研究所
参加費:無料(事前に参加登録をお願い致します)

成果報告会・参加登録URL:
http://www.infoplosion.nii.ac.jp/info-plosion/html/houkokukai-h19/

■日仏修好150周年 第1回日仏情報通信フォーラム
「ディジタルコンテンツとセキュリティ」

日 時:3月6日(木)13:15〜18:40(開場 13:00)
場 所:日仏会館ホール(東京都渋谷区恵比寿3-9-25 日仏会館1階)
基調講演:坂内正夫(国立情報学研究所 所長)
主 催:在日フランス大使館、財団法人日仏会館・日仏工業技術会
共 催:国立情報学研究所(協力:Prof. Angelino, Prof. Sonehara)
後 援:(社)電気通信協会
申込み:日仏工業技術会ホームページ(http://www.sfjti.org/) にて受付中
http://www.nii.ac.jp/event_jp/2008/03/150_1.shtml

■平成19年度の市民講座「社会とつながる情報学」は全回終了致しました。
ご参加いただけなかった場合は、当日の講座をストリーミングでご覧いた
だけます。
当日の配布資料も公開しております。
http://www.nii.ac.jp/shimin/index-j.shtml

 平成20年度の市民講座 第1回の開催予定。
日時:6月5日(木) 19:00〜20:30 
(国立情報学研究所 オープンハウスでの開催)
会場:学術総合センター
詳細は決まり次第、国立情報学研究所のホームページ、メールマガジン
等でご案内致します。

★★★★★★★★★★★★★★★★受賞★★★★★★★★★★★★★★★★

■「情報セキュリティの日功労者表彰」の受賞
http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/02/post_51.shtml

■計 宇生研究室の汪 麗萍さん(総研大学生)が
「電子情報通信学会2007年英語セッション奨励賞」を受賞
http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/02/_2007.shtml

★★★★★★★★★★★★★★最近の出版物★★★★★★★★★★★★★★

■『情報研シリーズ』 新刊 3月5日発売!

 「c-Japan宣言 -情報を糧とした日本の未来ビジョン-」
(情報研シリーズ10)
曽根原 登(NII教授)/東倉洋一(NII教授)/小泉成史(サイエンスライター)著
丸善ライブラリー(新書):798円(税込)

 情報化が進んだ次の社会の未来像を探る。
日本が目指すべき社会は、情報の量から質へ視点を転換し、
新しい価値の創造を目指す「Japan Cool」です。
それは「山椒は小粒でもピリリと辛い」、「大国でなくても世界から存在
を認められ、尊敬されるような国」です。c-Japanのcはcool(格好いい)
のcであり、culture、creativity、collaboration、content、consumerな
どさまざまな意味 を含んでいます。
この新しいビジョンとはどんなものかをいろいろな角度から探ります。

 *全国の有名書店でお買い求めいただけます。

 『情報研シリーズ』No.1〜9も、好評発売中!
http://www.nii.ac.jp/books/maruzen-lib/index-j.shtml

★★★★★★★★★★★★★★★ その他 ★★★★★★★★★★★★★★★

■瞬時に超高品質コミュニケーション環境を実現可能
-世界初、レイヤ1オンデマンドサービスのデモに成功-

 国立情報学研究所は、世界で初めて、実運用されているネットワーク
(SINET3,サイネット・スリー)上で、利用者の要求に応じて瞬時に専用線接
続を設定することに成功しました。
これにより、通常は共用しているネットワーク上で、超大容量のデータ転送
や超高品質な通信が、利用者が必要とするときに瞬時に可能になります。

 プレスリリース資料:http://www.nii.ac.jp/news_jp/2008/02/post_50.shtml
SINET3 お知らせ:http://www.sinet.ad.jp/inform/news-1/20080207

========================================================
-編集後記-
NII メールマガジン 第54号をお届けしました。
ご意見、ご感想は、[nii-mag@nii.ac.jp]までお願いいたします。

NII メールマガジンの購読解除、登録後のアドレス変更、バックナンバー
については、下記のURLをご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/magazine/nii-mag-top-j.shtml

 NII メールマガジンは、購読の登録をされた方にお送りさせていただいて
おります。

 メールマガジンは、(財)日本情報処理開発協会が認定する「プライバシー
マーク」を取得した個人情報の保護に関して信頼のおける業者に委託しており
ます。
記事中のURLは内容を詳細にお知らせするためのものですが、クリック件
数により読者のニーズを把握し,よりよい誌面つくりにも活用させていただく
ことにしています。皆様お一人お一人の行動履歴やパターンを調べるために使
用することは一切ありません。

--------------------------------------------------------------------
編集・発行
--------------------------------------------------------------------
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立情報学研究所 企画推進本部 広報普及チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
TEL:03-4212-2135,2136
E-Mail:nii-mag@nii.ac.jp
ホームページ:http://www.nii.ac.jp/

========================================================

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp 
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

お問合せ先

国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
E-mail: kouhou(a)nii.ac.jp
※(a)の部分を@に置き換えて送信してください。

注目コンテンツ / SPECIAL