ドキュメント
ドキュメント
翻訳資料
DRF海外文献(和訳)へのリンク
》学術機関リポジトリ関連 》ハーベスト、メタデータ交換 技術関連
》オープンソースソフトウェア関連 》オープン・アクセス関連
》大学出版関係 》その他
学術機関リポジトリ関連
Paul Royster  「学術機関リポジトリでのオリジナルコンテンツの公開」(PDF 182KB)PDF
(原文):Publishing original content in an Institutional Repository, Serials Review, Volume 34, Issue 1, March 2008.
Chris Armbruster, Laurent Romary  「リポジトリタイプの比較:学術コミュニケーションへの奉仕における主題リポジトリ,研究リポジトリ,国営リポジトリシステム,機関リポジトリの課題と障害」(PDF 272KB)PDF
(原文):Comparing Repository Types: Challenges and Barriers for Subject-Based Repositories, Research Repositories, National Repository Systems and Institutional Repositories in Serving Scholarly Communication, Social Science Research Network. 2009, Nov 23.
David F. Flanders  「JISC最終報告書 Fedorazon最終報告書」(PDF 412KB)PDF
(原文):Fedorazon: Final Report
Alma Swan, Sheridan Brown  「データ科学者とキュレーターのスキル、役割、 キャリア構造:現在の業務と今後のニーズの評価(JISCへの報告書)」(PDF 634KB)PDF
(原文):THE SKILLS, ROLE AND CAREER STRUCTURE OF DATA SCIENTISTS AND CURATORS: AN ASSESSMENT OF CURRENT PRACTICE AND FUTURE NEEDS REPORT TO THE JISC (2008.07)
This study was commissioned by the Joint Information Systems Committee ( JISC), UK.
Christine Merk, Nils K. Windisch  「最終報告書: JISC利用統計レビュー」(PDF 490KB)PDF
(原文):Final Report: JISC Usage Statistics Review (2008.09.24)
Elisabeth Jones  「管理職のためのeサイエンスの論点」(PDF 354KB)PDF
(原文):E-science Talking Points for ARL Deans and Directors (2008.10.24) ARL

Stijn Hoorens, Lidia Villalba van Dijk, Christian van Stolk  「未来を見つめて:ロンドン大学にデジタルリポジトリを組み込む(SHERPA-LEAPコンソーシアムへの報告書)」(PDF 673KB)PDF
(原文):Embracing the future; Embedding digital repositories in the University of London (2008)

*JISC, RAND, UCLの許諾を得て,翻訳・公開しました。

Emma Tonkin  「永続識別子: その選択肢の考察」
(原文):Persistent Identifiers: Considering the Options, Ariadne, Issue 56. July 2008
Alan Danskin, Anne Dixon, Michael Docherty, Amanda Hill, Richard Moore  「英国研究成果リポジトリのための名称典拠サービス案に関連する最新動向の評価」(PDF 302KB)PDF
(原文): A review of the current landscape in relation to a proposed Name Authority Service for UK repositories of research outputs: Prepared for the JISC Names Project.PDF(September 2007 - June 2008)
Repositories SupportProject.  「プランニング・チェックリスト」 (翻訳:DRF
(原文):Planning Checklists Index
Dirk Pilat, Yukiko Fukasaku  「OECD 公的資金による研究データへのアクセスに関する原則及びガイドライン」(PDF 211KB)PDF
(原文):OECD Principles and Guidelines for Access to Research Data from Public Funding, Data Science Journal, v.6(2007)
Alma Swan, Chris Awre  「英国のリポジトリをリンクする:機関リポジトリ等のデジタルリポジトリを対象とするリポジトリ横断型のユーザー指向サービスを支援する技術・組織モデル:予備的評価研究報告書」
本文 付録 (概要)
(原文):Linking UK RepositoriesPDF
(原文):Linking UK Repositories AppendixPDF
陳麗霞  「香港科技大学における学術機関リポジトリの構築と維持保全」(PDF 1.5MB) PDF
(原文):http://hdl.handle.net/1783.1/2425
Rodrigues,Eloy  「科学文献へのオープンアクセスを実現する:ミーニョ大学の機関リポジトリ及びセルフアーカイブ方針」 (PDF 50KB) PDF
(原文):Concretizando o acesso livre a literatura cientifica : o repositorio institucional e a politica de auto-arquivo da Universidade do Minho
Martin Feijen and Annemiek van der Kuil  「Cream of Scienceの作り方: オランダの機関リポジトリのための特別なコンテンツ収集法」
(原文):A Recipe for Cream of Science: Special Content Recruitment for Dutch Institutional Repositories, Ariadne, Issue 45. October 2005
Herbert Van de Sompel et al.  「aDORe: モジュール化された標準ベースのデジタルオブジェクトリポジトリ」
Jeroen Bekaert et al.  「ロスアラモス国立研究所デジタルライブラリにおいて複合デジタルオブジェクトの動的配布のためにMPEG-21 DIPとNISO OpenURLを使用する」
(原文):Using MPEG-21 DIP and NISO OpenURL for the Dynamic Dissemination of Complex Digital Objects in the Los Alamos National Laboratory Digital Library, D-Lib Magazine, v. 10,no. 2 (February 2004)
ダブリンコア・メタデータ・イニシアティブ引用作業部会  「ダブリンコア・メタデータにおける書誌引用情報の符号化ガイドライン」(2005-06-13)
JISC情報システム合同委員会・ラフバラ大学  「権利・報酬プロジェクト大学教職員調査:最終報告書」PDF および 「付録:混合型機関リポジトリにおける権利と報酬に関する調査アンケート」PDF(2006/07/07)
サザンプトン大学イープリント  TARDis: JISCプロジェクト「学術研究を対象とするデポジットと公開」PDF(2006/07/07)
Kathleen Bauer, Nisa Bakkalbasi  「新しい学術コミュニケーション環境における被引用数の調査」
(原文):An Examination of Citation Counts in a New Scholarly Communication Environment, D-Lib Magazine, v. 11,no. 9 (September 2005)
Clifford A. Lynch, Joan K. Lippincott  「2005年初めにおける米国の機関リポジトリ配備状況」
(原文):Institutional Repository Deployment in the United States as of Early 2005, D-Lib Magazine, v. 11,no. 9 (September 2005)
Gerard van Westrienen, Clifford A. Lynch  「2005年半ばにおける13カ国の配備状況」
(原文):Academic Institutional Repositories: Deployment Status in 13 Nations as of Mid 2005, D-Lib Magazine, v. 11,no. 9 (September 2005)
Nancy Fried Foster, Susan Gibbons  「より多くのコンテンツを機関リポジトリに集めるために教員を理解する」
(原文):Understanding Faculty to Improve Content Recruitment for Institutional Repositories, D-Lib Magazine, v. 11,no. 1 (January 2005)
「教員が望んでいるもの」「IRについて説明する方法」等の実践的な指針を含む, ロチェスター大学のIR構築事例です。
Jessie Hey  「サウサンプトン大学の機関リポジトリが対象とする学術研究」
(原文):Targeting Academic Research with Southampton's Institutional Repository, Ariadne, Issue 40. July 2004
Morag Mackie  「機関リポジトリをコンテンツで満たす: DAEDALUSプロジェクトから得た実践的戦略」
(原文):Filling Institutional Repositories: Practical strategies from the DAEDALUS Project, Ariadne, Issue 39. April 2004
Clifford A. Lynch  「機関リポジトリ : デジタル時代における学術研究に不可欠のインフラストラクチャ」
(原文):Institutional Repositories: Essential Infrastructure for Scholarship in the Digital Ag, ARL, no.226(February 2003)
▲ページTOPへ戻る
ハーベスト、メタデータ交換 技術関連
Richard Jones  「SWORD v2.0: デポジットのライフサイクル」(PDF 387KB)PDF
(原文):SWORD v2.0: Deposit Lifecycle, download PDF

「DRIVER ガイドライン2.0」
(原文): DRIVER Guidelines 2.0
DRIVERガイドラインは、OAI-PMHを通じて欧州の学術研究を単一のポータルに集約することを目指すために策定されたメタデータ交換のための指針で、junii2と同位置にあるものです。
(参考):DRIVERプロジェクトとの協力関係について
(解説):DRIVERガイドライン第二版 コンテンツプロバイダのためのガイドライン− OAI‐PMHを使用したテキストリソースの公開

「SWORD AtomPub プロファイル バージョン 1.3」
(原文): SWORD AtomPub Profile version 1.3
SWORDは、リポジトリからリポジトリへの文献アップロードのための通信規約です。
「OAI-PMH2.0日本語訳」
(原文):Open Archives Initiative Protocol for Metadata HarvestingOpen Archives Initiative
メタデータ・ハーベスティングのためのOAIプロトコル(Open Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting)は、メタデータの一括交換に用いられる通信規約です。平成19年現在、最新バージョンは2.0です。
Herbert Van de Sompel et al.  「OAI-PMHフレームワークを使用したリソースハーベスティング」
(原文):Resource Harvesting within the OAI-PMH Framework, D-Lib Magazine, v.10,no.12(Decemver 2004)
メタデータだけではなくデジタルリソースそのものを、OAI-PMHを通じてハーベストする可能性について検討した論文です。
Herbert Van de Sompel, Carl Lagoze  「学術コミュニケーション構成ユニットの発見・利用・再利用のための相互運用性」
(原文):Interoperability for the Discovery, Use, and Re-Use of Units of Scholarly Communication, CTWatch Quarterly, v.3,no.3(August 2008)
オープン・アーカイブズ・イニシアティブ(OAI: Open archives Initiative)のオブジェクトの再利用と交換(ORE: Object Re-Use and Exchange)プロジェクトの作業を紹介しています。
「ORE仕様書およびユーザガイド 1.0版 日本語訳」
(原文):ORE Specifications and User GuidesOpen Archives Initiative
2008年10月17日に公表された「ORE仕様書およびユーザガイド」1.0版の日本語訳です。
「ORE仕様書とユーザガイド アルファ0.2版 日本語訳」
(原文):ORE Specification and User GuideOpen Archives Initiative
2008年3月2日に公表された「ORE仕様書とユーザガイド」アルファ0.2版の日本語訳です。
Open Archives Initiativeでは、2008年4月4日にOAI-OREアルファ0.3版を公開しています。
ORE Specification and User Guide public alpha 0.3
0.3版は0.2版から大幅な修正がされていますのでご注意ください。
▲ページTOPへ戻る
オープンソースソフトウェア関連
Ed Sponsler, Eric F. Van de Velde  「Eprints.orgソフトウェア: 評価」
(原文):Eprints.org Software: A Review, SPARC E-News, August-September 2001(posted: October 2, 2001)
「Open Society Institute 機関リポジトリ構築ソフトウェアガイド」でも紹介されているEprintsの初期のレビューです。著者らは,現在,Eprints最新バージョンへの移行途上にあり,2004年春を目処に新たなレビューを公開することを計画中であるとのことです。
MacKenzie Smith et al.  「DSpace: オープンソースの動的デジタルリポジトリ」
(原文):DSpace: An Open Source Dynamic Digital Repository, D-Lib Magazine, v9.,no.1(January 2003)
「Open Society Institute 機関リポジトリ構築ソフトウェアガイド」でも紹介されているDSpaceについて,開発元であるマサチューセッツ工科大学における適用にも触れながら,その特徴と機能を解説した文書です。
William Nixon  「グラスゴー大学におけるe-プリント機関アーカイブの展開」
(原文):The evolution of an institutional e-prints archive at the University of Glasgow, Ariadne, Issue 32. June-July 2002
グラスゴー大学においてe-プリントアーカイブを設置した目的について概観し、GNU EPrintsソフトウェアを使ってe-プリント機関アーカイブを構築した経験を紹介する文書です。
William Nixon  「DAEDALUS: グラスゴー大学におけるEPrintsとDSpaceの初期の使用経験」
(原文):DAEDALUS: Initial experiences with EPrints and DSpace at the University of Glasgow, Ariadne, Issue 37 October 2003
DAEDALUSプロジェクトにおけるGNU EPrintsとDSpaceソフトウェアの初期の使用経験と両ソフトウェアを使用することになった経緯について紹介した文書です。前掲「グラスゴー大学におけるe-プリント機関アーカイブの展開」の続報にあたります。
Stephen Pinfield et al.  「e-プリント機関アーカイブのセットアップ」
(原文):Setting up an institutional e-print archive, Ariadne, Issue 31. March-April 2002
エジンバラ大学とノッティンガム大学での経験に基づき,e-プリント機関アーカイブのセットアップ作業を概観するとともに,高等教育機関におけるアーカイブ立ち上げの初期段階に生じる実務上の問題を論じた文書です。
▲ページTOPへ戻る
オープン・アクセス関連
「オープンアクセスジャーナル出版のためのオンラインガイド」
(原文):Online Guide to Open Access Journals Publishing
Raym Crow  「オープンアクセス誌の収入モデル:現状の概説」(PDF 976KB)PDF
(原文):Income models for Open Access: An overview of current practice, download PDF
Peter Suber  「オープンアクセス・ムーブメント関連年表」
PDF (PDF 376KB)   HTML (HTML)
(原文):Timeline of the Open Access Movement
OAK Law Project http://www.oaklaw.qut.edu.au/ より Part4 - Research Outputs : the Action Agenda (PDF 344KB) PDF
Alma Swan et al.  「英国継続・高等教育におけるイープリントおよびオープンアクセスジャーナル論文のためのモデルの開発」
(原文):Developing a model for e-prints and open access journal content in UK further and higher education,Learned Publishing, (2005)18,25-40
英国JISCによる, オープンアクセス文献へのアクセス提供モデルの調査・検討レポートです。様々なアーカイブに保管されている論文のメタデータを全国サービスにより収穫, 保管, 改善する「収穫」モデルを推奨しています。
Stevan Harnad  「オープンアクセスへのグリーン・ロードの急速前進:グリーンとゴールドの混同に対する反論」
(原文):Fast-Forward on the Green Road to Open Access: The Case Against Mixing Up Green and Gold, Ariadne, Issue 42. January 2005
学術雑誌システムの全面的な変革を視野に入れたJean-Claude Guedon氏の構想に対し, Green路線支持の立場から検討・反論を加えています。
「ポインダーの視点: 痛みなくして得るものなし」
(原文):No Gain Without Pain / by Richard Poynder, InformationToday, Vol. 21 No. 10 - November 2004
「ポインダーの視点: 10年を経て」
(原文):Ten Years After / by Richard Poynder, InformationToday, Vol. 21 No. 9 - October 2004
Stevan Harnad  「同一ジャーナルに掲載されたオープンアクセス論文と非オープンアクセス論文のインパクトを比較する」
(原文):Comparing the Impact of Open Access(OA)vs. Non-OA Articles in the Same Journals., D-Lib Magazine, v. 10,no. 6(June 2004)
▲ページTOPへ戻る
大学出版関係
Karla L. Hahn  「研究図書館の出版サービス : 大学出版の新しいオプション」(PDF 573KB)PDF
(原文):Research Library Publishing Services: New Options for University Publishing
その他
セルフアーカイビングに関する機関の方針表明(ROARMAP)(日本語版)
(原文):Institutional Self-Archiving Policy Commitment(ROARMAP)
▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2010年11月10日