HOME > ドキュメント > 調査・報告資料 > 博士論文ニーズ調査(利用面・発信面)結果報告
ドキュメント
博士論文ニーズ調査(利用面・発信面)結果報告
多数のご意見をお寄せいただきました、博士論文ニーズ調査(利用面・発信面)について下記のとおり結果を報告いたします。
これらのご回答につきまして、今後の事業の参考とさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

   アンケート実施機関:平成20年5月26日(月)〜6月20日(金)
   有効回答数:1,273件
   印刷用: PDF(478KB)PDF
Q0.職業を選んでください。
 Q0.職業合計
1回答しない20
2学生(大学院生のぞく)101
3大学院生(修士)195
4大学院生(博士)238
5大学教員363
6教員(大学以外)19
7図書館員(大学等)89
8図書館員(大学等以外)10
9官公庁等職員(研究職・技術職)53
10官公庁等職員(その他事務職)4
11会社員(研究職・技術職)102
12会社員(その他事務職)15
13その他58
 総計1267
Q0
【利用面】
Q1.国内博士論文をどのくらい検索することがありますか?
 Q1.どのくらい検索する?合計
1ほぼ毎日利用する62
2月に数回は利用する437
3年に数回は利用する422
4利用しない249
5その他96
 総計1266
Q1
Q2. 国内博士論文の検索にご利用の方法を教えてください。(いくつでも)
Q2.検索方法合計
NII-DBR467
NDL-OPAC552
各機関(学部・学科)のWebサイト325
各機関の図書館のデータベース424
各機関の機関リポジトリ152
冊子のカタログ22
Google検索から494
Yahoo検索から135
その他検索エンジンから45
その他59
総計2675
Q2
Q3.国内博士論文の検索,本文入手の目的について教えてください。(いくつでも)
Q3.利用目的合計
科学研究費補助金申請時の先行例調査119
学位論文(卒論・修論・博論 等)執筆時における先行研究の調査629
論文執筆等における先行研究の調査606
特定の研究者の研究分野の調査320
特定の研究分野の動向の調査447
博士論文執筆時における形式の調査204
研究業績評価の調査50
本文は必要ない57
その他85
総計2517
Q3
Q4.国内博士論文の本文が必要な場合,どのような手段で入手しますか? (いくつでも)
Q4.入手方法合計
博士論文の著者本人から入手する288
国立国会図書館から入手する325
所属の機関の図書館・室を通して入手する611
公共図書館を通して入手する52
入手の方法がわからない374
その他76
総計1726
Q4
Q5.国内博士論文の検索,本文入手でお困りのことはありますか? (いくつでも)
Q5.お困りのことは...合計
全ての博士論文を網羅的に検索できる手段がない747
データ項目(書誌的情報)が不充分345
入手方法・所在に関する情報が不充分617
博士論文の検索方法がわからない258
本文の閲覧がしにくい630
本文の複写がしにくい530
本文の利用の方法がわからない136
その他69
総計3332
Q5
Q6.博士論文の利便性向上に必要と思われることは何ですか? (いくつでも)
Q6.必要なことは...合計
博士論文を網羅的に検索できるデータベース938
博士論文の利用についての詳しい案内469
博士論文の本文の電子化・公開945
博士論文の公開制度の改正278
特に必要ない68
その他62
総計2760
Q6
【発信面】
Q7.ご自分が書いた博士論文を,他の人に読まれたいと思いますか?
Q7-1.同じ分野の研究者に読まれることを
 Q7-1.同じ分野の研究者合計
1望む972
2望まない45
3どちらとも言えない156
 総計1173
Q7-1
Q7-2.他の分野の研究者に読まれることを
 Q7-2.他の分野の研究者合計
1望む880
2望まない65
3どちらとも言えない227
 総計1172
Q7-2
Q7-3.大学院生に読まれることを
 Q7-3.大学院生合計
1望む961
2望まない43
3どちらとも言えない167
 総計1171
Q7-3
Q7-4.学生に読まれることを
 Q7-4.学生合計
1望む901
2望まない60
3どちらとも言えない211
 総計1172
Q7-4
Q7-5.企業の研究者に読まれることを
 Q7-5.企業の研究者合計
1望む872
2望まない63
3どちらとも言えない234
 総計1169
Q7-5
Q7-6.一般の人に読まれることを
 Q7-6.一般合計
1望む752
2望まない104
3どちらとも言えない315
 総計1171
Q7-6
Q7-7.その他の回答より
  • 研究業績の一指標なので公開は当然,利用に供していきたい。
  • 様々な研究者に読まれることで, 多くの意見が得られる。この社会的意義は十分に大きいと思う。
  • 学問は共有財産であり,博士論文は原則公開(ネットも含めて)であるべきだと思う。また,もっと利用できる体制をととのえるべきだと思う。
  • 英文なので,外国の研究者にも利用できる様にしたい。
  • 社会に役立つために研究しています。役に立つためならば是非読んでいただきたい。
  • 博士号を取得した大学では,博士論文のインターネット公開準備を進めているそうです。
  • すでに検索されて読まれているようだ。大学で本文含めて公開しているので。
  • 博士論文に限らず,論文として発表するものについては基本的に誰からでも読める状態になるのがもっともよいと思う。
  • 博士論文の本来的な意味としてはもちろん公に提供して多くの方に閲覧してもらいたいとは思うが,一方で博士論文の一部を雑誌論文として投稿する場合を考えると投稿前に博士論文が発表されている場合には内容を事前に知られたくないし,投稿後の場合でも博士論文本文よりは雑誌記事論文を利用された方が業績として望ましく感じることもあり,複雑である。
  • Q8.ご自分が書いた博士論文を,他の人から読みたいと言われたらどうしますか? (いくつでも)
    Q8.他の人からの請求合計
    コピーを提供する698
    博士論文を所蔵している機関の図書館を紹介する467
    論文を公開している自分のWebサイトを案内する221
    論文を公開している機関リポジトリを案内する251
    論文を公開しているその他Webサイトを案内する38
    同内容の掲載された学術雑誌を紹介する523
    同内容の掲載された書籍を紹介する291
    拒否する14
    その他50
    総計2553
    Q8
    Q9.国内博士論文の検索・利用・本文の電子的発信・入手等についてご意見をお聞かせください。
    Q9-1.博士論文の本文を電子的に公開するメリット・デメリットは何があると思いますか?
    Q9-2.特に、過去にさかのぼって紙媒体の博士論文を電子化・公開するメリット・デメリットは何かあると思いますか?
    Q9-1-a. Q9-2-a.メリット
    具体的記述数:750。以下は,主な記述内容。
    (研究面)
  • 研究の利便性向上
  • 学術リソースの共有・異分野の交流・情報の流動化による研究の加速が期待される
  • 系統的に研究内容の全体像を公開することができる
  • 先行研究の調査が容易になる,時間の節約
  • 一般の学術論文に記載されていない,詳細な実験方法,データ等について検討できる
  • 本文中のキーワードでの検索が可能になる
  • 研究者の知名度向上

  • (教育面)
  • 若い研究者が博士論文を書く際の見本となる。
  • リファレンスが容易になり,論文の質が向上する。
  • 指導する大学院生・学生に例を示すことができる。
  • 学位クオリティ・チェックの容易化

  • (社会貢献)
  • 自分の研究の成果を広く知ってもらうことにより,研究結果を還元できる。
  • 情報・知識の共有化


  • Q9-1-b. Q9-2-b.デメリット
    具体的記述数:567。以下は,主な記述内容。
  • デメリットはない:約150
  • コストの無駄,時間の無駄
  • 著者にとっての不利益(学術雑誌のほうを読まれたい,学術書が売れなくなる),著作権の問題
  • 電子化・公開を前提としていないための問題点(質の問題,プライバシーの問題)
  • 個人の自由をある程度残してほしい
  • ▲ページTOPへ戻る
    最終更新日: 2008年12月15日