情報処理技術セミナー

平成28年度のテーマ
Shibboleth環境の構築

国立情報学研究所を中心として、学内サービスや商用電子ジャーナル等のシングルサインオンを実現する学術認証フェデレーション(学認)の構築を推進している。この学認が使用する技術であるShibbolethについて解説するとともに、Shibboleth環境の構築実習を実施し、各機関の認証基盤構築に必要な知識を修得する。

目的

学認の参加に必要となる、Shibbolethの知識と、Shibboleth環境の構築技術を修得する。

到達目標

機関内において、Shibbolethによる認証基盤の構築を行い、学認への参加と安定したサーバ運用を行うことができるようになる。

受講対象者

(1) 所属機関

大学、教育・研究機関等(大学、短期大学、高等専門学校、大学共同利用機関法人、大学校、独立行政法人、施設等機関、特別の機関、国立国会図書館等)。

(2) 担当業務

情報処理関連部署に勤務し、機関内のシステム運用・管理に係る業務を担当、もしくは6か月以内の担当を予定している教職員。

(3) 知識・技術

今年度のテーマを遂行するにあたっては、受講の前提となる知識・技術の要件を満たしていることが必須となる。

受講の前提となる知識・技術

開催会場・開催期間等

開催会場 開催日時 申込締切日 定員
国立情報学研究所 1 基礎編 28. 6.16(木)〜 6.17(金) 10:00〜17:00 28. 5. 6(金)
28. 5. 13(金)
延長しました
各回18名
2 基礎編 28. 7. 7(木)〜 7. 8(金) 28. 5. 13(金)
28. 5. 25(水)
延長しました
3 活用編 28.12. 8(木)〜12. 9(金) 28.10. 7(金)
28.10. 21(金)
延長しました

主な研修内容(予定)

受講の申込みと受講者の決定

受講希望者の所属機関が、研修申込システムから申込みを行う。申込後に出力される「推薦書」により、各所属機関の長または所属部局の長から国立情報学研究所長に対して、受講希望者の推薦を行う。

国立情報学研究所長は、推薦された者の中から受講者を選考し、各所属機関の長または所属部局の長に対して結果を通知する。

※申込み手順の詳細は、『研修申込システム利用手順』を参照。

基礎編・活用編の2つのコースを申込・受講可能です。基礎編を受講しないと活用編を受講できない、ということもありません。

経費等

研修費および教材費無料
旅費所属機関の負担

修了証書

この研修において所定の課程を修了した者には、修了証書を授与する。

カリキュラム及び講義資料/成果物

カリキュラム及び講義資料/成果物は下記リンクからご覧ください。

 
ページトップへ