機関リポジトリ新任担当者研修

 

平成29年度はオープンアクセスリポジトリ推進協会の主催で開催されます。詳細は同協会ホームページでご確認ください。

※ 研修の記録として、平成28年度当時の内容を掲載しております。

目的

オープンアクセスの推進と機関リポジトリの構築・運用に必要な基礎的な知識と技術を修得する。

到達目標

オープンアクセスについて理解し、所属機関で機関リポジトリの構築・運用を行うことができるようになる。

受講対象者

機関リポジトリの運用・管理に係る業務を担当する教職員。

※ 申込が定員を超過する場合、機関内の推薦順位、及び同一機関からの受講履歴等を考慮して受講者を決定する。

受講の前提となる知識・技術

パソコンの基本的な操作および文字入力を行うことができること。

開催会場・開催期間等

回次 開催会場 開催日時 申込締切日 定員
1 国立情報学研究所 28. 6.23(木)〜 6.24(金) 第1日10:30〜17:25
第2日 9:30〜14:00
補講 14:20〜17:00
28. 5. 6(金)
各回32名
2 国立情報学研究所 28. 7.28(木)〜 7.29(金) 28. 6. 3(金)
3 長崎国際大学 28. 8.22(月)〜 8.23(火) 28. 7. 1(金) 各回20名
4 神戸松蔭女子学院大学 28. 9.13(火)〜 9.14(水) 28. 7.22(金)
5 国立情報学研究所 28.10.27(木)〜10.28(金) 28. 9. 2(金) 32名

主催機関:機関リポジトリ推進委員会

         国立情報学研究所

主な研修内容(予定)

機関リポジトリの構築・運用に関する基本的な知識。

なお、日程終了後にJAIRO Cloudの初期設定や基本的操作に関する補講を行います(自由参加)。

受講の申込みと受講者の決定

受講希望者の所属機関が、研修申込システムから申込みを行う。申込後に出力される「推薦書」により、各所属機関の長または所属部局の長から国立情報学研究所長に対して、受講希望者の推薦を行う。
国立情報学研究所長は、推薦された者の中から受講者を選考し、各所属機関の長または所属部局の長に対して結果を通知する。

※申込み手順の詳細は、『研修申込システム利用手順』を参照。

経費

研修費および教材費無料
旅費所属機関の負担

修了証書

この研修において所定の課程を修了した者には、修了証書を授与する。

カリキュラム及び講義資料/成果物

カリキュラム及び講義資料/成果物は下記リンクからご覧ください。

その他

申請状況等に応じて、年度内に追加開催する場合がある。

なお、機関リポジトリ中堅担当者研修については、平成28年度は開催しない。

 
ページトップへ