総合目録データベース実務研修

 

平成18年度をもって終了しました

※ 研修の記録として、平成18年度当時の内容を掲載しております。

目的

目録所在情報サービス参加機関の目録関連業務において中心的役割を担い、併せて目録及びILLシステム講習会講師を担当する。

到達目標

目録所在情報サービスにおける、全国の目録担当者が分担して作成する「総合目録」の意義を理解し、所属機関の目録関連業務において機関内のリーダー的役割を務めることができるようになる。また、目録規則に対する解釈の判断ができ、目録若しくはILLシステム講習会講師を担当するに可能なスキルを身につける。

受講対象者

目録所在情報サービス参加機関において、現在目録業務を担当している職員
若しくは2年以上の目録業務経験を有する職員

前提知識

目録所在情報サービスの体系を理解し、基本的目録規則を含めた、目録業務に必要な知識を有している。目録システム講習会を受講済若しくはそれに準ずるスキルがあり、目録システムを利用して書誌データの登録・修正等の作業をスムーズに進めることができる。

開催期間等

開催期間 締切日 定員
18. 9.25(月)〜10. 6(金) 18. 7.21(金) 16名

◎ 国立情報学研究所を会場として開催する。

カリキュラム

主な研修内容(予定)
第1週 目録所在情報サービスの基本思想(講義)
NACSIS-CAT/ILLシステム概論(講義)
目録情報の基準とその運用(講義)
目録規則の最新動向(講義)
事例研究[内容未定]及び関連機関見学会
第2週 研修員の実務上の課題(個人発表)
プレゼンテーション演習[一般的な講師心得に関する講義及び演習]
目録システム講習会[講習会の現状等](講義)
演習(グループ討議・発表)・共同討議

時間 : 9:30〜17:30(初日は10:00開始、最終日は12:00終了予定)

経費

研修費無料
教材費無料
旅費国立情報学研究所の負担

過去の記録及び成果等

過去の記録及び成果等は下記リンクからご覧ください。

 
ページトップへ