イベント / EVENT

平成25年度 研究報告会

平成25年度研究報告会「社会システム・サービス最適化のためのサイバーフィジカルIT統合基盤の研究:ソーシャルCPSの提案―社会サービスを変革する情報技術」

開催趣旨

フィジカル世界(実社会)をサイバー空間に抽象化して社会の様々なリソースの状況把握や管理を行い、それにもとづく社会活動の効率化や人々の満足度の最大化といった社会サービス変革をめざしたサイバーフィジカルシステム(CPS):ソーシャルCPSの検討を進めています。これは実社会を感知する様々なセンサーとデータ収集のためのネットワーク、収集したデータの管理基盤と分析サービス処理基盤、そして実世界へフィードバックするアクチュエータまでを連携したIT統合基盤であり、今後の社会のオペレーションのための情報基盤と位置づけられます。
本プロジェクト「社会システム・サービス最適化のためのサイバーフィジカルIT統合基盤の研究」(【略称:CPS IIP(Integrated IT Platform) プロジェクト】)は、この分野の研究開発を国内でリードする国立情報学研究所、北海道大学、大阪大学、九州大学が連携して推進しています。今回の報告会では、平成25年度全体の活動報告としてIT統合基盤のアーキテクチャやこれを構成する技術、および実社会への効用検証のための諸課題について議論します。

主催

国立情報学研究所

共催

北海道大学知識メディア・ラボラトリー、大阪大学、九州大学

開催日時

平成26年2月27日(木) 10:00-17:30 (受付開始 午前の部9:40 /午後の部 13:40)

プログラム
10:00-13:00 来賓挨拶 文部科学省
ソーシャルCPS構築のためのアーキテクチャと技術基盤
「センシングとデータ収集」
「データ管理」
「解析・可視化サービス基盤」
14:00-14:45 キーノート
"Data Analytics for the Quantified-Self: A Personal Viewpoint of Social-Cyber-Physical Systems and Big Data"
Prof. Vassilis Christophides, University of Crete
※英語での講演です
詳細を見る
Prof. Vassilis Christophides
14:45-16:15 社会システム・サービス最適化のためのソーシャルCPSの実証実験構想
「除排雪サービスの効率化」
「環境・エネルギー最適化」
16:30-17:30 パネルディスカッション
「ソーシャルCPSの可能性と実現に向けての課題」
会場

学術総合センター 2階 中会議場

〒101-8430
東京都千代田区一ツ橋2-1-2

アクセス

東京メトロ半蔵門線/ 都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」A9出口、東京メトロ東西線「竹橋」1b出口 各出口より徒歩5分

参加申込(参加費:無料/定員 250名)

申し込み受付は終了いたしました。
お申し込みがお済みでない方は当日受付へお越しください。

CPS-IIPプロジェクトWebサイト

お問い合わせ先

国立情報学研究所 サイバーフィジカル情報学国際研究センター
cps-event-office[at]nii.ac.jp 
※ [at]を@に置き換えてご送信ください。

注目コンテンツ / SPECIAL