English
Nii-Logo
  Last updated at: 2008/05/13
 
navigationBottom
 

リリースノート

改良版研究成果公開サービス(β版)および研究者リゾルバー(α版)公開について

国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター

国立情報学研究所では総合学術情報サービスGeNiiの機能強化として,研究成果公開サービス(通称KAKEN)改良版および研究者情報集約サービス「研究者リゾルバー」の試行版を公開いたします.
今回の機能強化のポイントは論文および研究者の情報同一性マネージメントの導入です.情報同一性とは,ひとつの事象に関する情報は置かれている場所や表現にかかわらずひとつに同定できるということで,情報同一性マネージメントとはこの情報同一性を発見し維持する情報処理です.
現在,インターネットの急速な普及に伴い,インターネット上の情報は爆発的に増加しています.新しい情報が追加される一方,重複する情報も増加しており,ある事柄を調べると数多くの類似の情報が発見されるようになっています.どの情報が同じことに関する情報であり,どれが違うのかを判断するが難しくなっています.このため情報同一性の重要性が高まっています.
研究情報において情報同一性が重要になっています.ひとつの論文に関する情報が数多く見つかるようになっています.論文の情報は出版社・学会のサイト,CiNiiに代表される文献情報サービスサイト,著者の所属組織のサイト,著者のホームページなど複数のサイトにあることは稀ではありません.個別の研究者の情報も,研究者データベース,文献情報サービスサイト,所属組織のサイト,個人のホームページなどに複数のところにあります.
これらの類似する情報から情報同一性を判断するのは簡単ではありません.論文では書誌の書き方がまちまちで一つの論文が様々な表記をもっていることが多くあります.逆に研究者の場合は,氏名だけでは同姓同名の人物がいる可能性があるため同一人物かどうかはわかりません(注1).
今回公開する二つのサービスはこの点を改良したサービスです.


研究成果公開サービス(β版)
研究成果公開サービスは科学研究費補助金の報告書を公開するサービスです.これまでは課題採択者の提出した報告書をそのまま公開しておりました.今回の改良版では以下の点を新たに開発しています.

  1. 研究者ごとの情報集約ページ:研究代表者と研究分担者として参加した課題と研究者の経歴がまとめてみることができるページです.同姓同名であっても別のページになっています.
  2. 論文リンクサービス:報告書内の研究業績の論文からCiNiiなどの文献サービスの該当ページへのリンクが用意されています(注2).不完全な書誌でも推定して適切なページへリンクを張っています(注3).本サービスは本研究所の相澤教授の開発したシステムによるものです.

研究者リゾルバー(α版)
研究者リゾルバーとは様々なサイトに分散する研究者の情報へアクセスを集約するサービスです.サービスの概要は以下の通りです.

  1. 研究者ごとのページの表示:各研究者ごとのページが用意されています.現在のところ,科研費報告書に記載された研究代表者および研究分担者に対してページを提供しています.前述の研究成果公開サービス(β版)と同様に同姓同名であっても別の研究者としてページが用意されています.
  2. NIIの内外の研究者情報サイトとの関連づけ
    現在,以下の関連づけを用意しています.今後,拡充していく予定です.
  • 研究者情報ページへのリンク
    個々の研究者の該当ページへリンクしています.現在,用意しているリンクは
      ・研究成果公開サービス(現行版,試行版)
      ・大学の研究者情報DB ( 現在,以下の大学の情報ページへリンクを用意しています.
       東北大学,筑波大学,東京大学,名古屋大学,京都大学,大阪大学,九州大学,他40大学(注4))
  • 検索サービスへのリンク
    研究者名および組織名を使い,検索サービスや各種のDBを検索します.現在,用意しているリンクは以下の通りです.
      ・CiNii(氏名,日本名)
      ・Webcat Plus(氏名,日本名またはアルファベット名)
      ・JST ReaD(氏名,日本名またはアルファベット名)
      ・Google (氏名または氏名と所属での検索,日本名またはアルファベット名)
      ・Google Scholar (氏名,日本名またはアルファベット名)

今回公開するサービスは本サービスの提供に先駆けて試行版として公開するものです.データ的に不完全な点,機能的に不完全な点がある点をご容赦ください.また今後の開発のためご意見があればぜひお願いします
(seikaplus-csc-fdbk@nii.ac.jp).

    (注1)約15万人の規模である研究成果公開サービスにおいては,同姓同名がいる可能性は一人当たり約0.3%,また氏名が包含関係にあるような氏名を含めると約1%と推定しています(サンプル調査による推定値).

    (注2)現在,リンク先として利用しているのは,CiNii,医中誌WebとCrossRefです.

    (注3)サービス開始時において,文献リスト数2,783,767のうち,リンク数は599,381.リンクの精度(正確さ)は85%です(サンプル調査による推定値).リンク数と精度は逆相関に関係があるため,試行版を運用しながら適宜見直しを行う予定です.

    (注4)全47大学,室蘭工業大学,岩手大学,東北大学,山形大学,茨城大学,筑波大学,埼玉大学,東京大学,東京医科歯科大学,東京農工大学,東京工業大学,電気通信大学,横浜国立大学,新潟大学,金沢大学,静岡大学,名古屋大学,名古屋工業大学,滋賀大学,京都大学,大阪大学,大阪教育大学,奈良女子大学,広島大学,愛媛大学,九州大学,長崎大学,宮崎大学,宮崎大学(医学部),岩手県立大学,福島県立医科大学,名古屋市立大学,広島市立大学,和洋女子大学,慶應義塾大学,工学院大学,上智大学,玉川大学,多摩美術大学,日本大学,法政大学,明治大学,南山大学,同志社大学,立命館大学,大阪産業大学,立命館アジア太平洋大学

     

       
国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター 101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
Copyright(C) National Institute ofInformatics, Research and Development Center for Scientific Information Resources