イベント情報
第14回図書館総合展(Library Fair & Forum 2012)

第14回図書館総合展(Library Fair & Forum 2012)〜出展〜

第14回図書館総合展において、下記の出展およびフォーラムを開催しました。
ご協力・ご参加いただいた関係者各位に、この場を借りて御礼申し上げます。

NII 出展内容

2012年11月20日(火) 〜 22日(木) 10:00 〜 18:00 パシフィコ横浜 展示ホールD

 ・ CiNii
 ・ KAKEN
 ・ 機関リポジトリ
 ・ 『電子リソース管理データベース(ERDB)』説明コーナー(コアタイムを設けます)
 ・ 『学認』(Gakunin:学術認証フェデレーション)の参加相談コーナー

今回の出展では、CiNii(サイニィ)等のコンテンツサービスのご紹介、『電子リソース管理データベース(ERDB)』の説明コーナー(コアタイムを設けます)、『学認』(Gakunin:学術認証フェデレーション)の参加相談コーナー等を予定しています。

図書館総合展サイト

CiNiiがLibrary of the Year 2012優秀賞を受賞しました

Library of the Yearは、NPO法人 IRI知的資源イニシアティブが図書館など全国の知的情報資源に関わる機関を対象として授与する賞で、2006 年から開始されています。
2012年は、4つの優秀賞機関が選定されており、その中から大賞を決める最終選考会が、2012年11月20日(火)午後1時00分〜2時30分、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい)にて、図書館総合展の中のイベントとして開催されます。

CiNiiの選考理由は以下とのことです。

大学に限らず極めて広範に利用されるサービスとして、日本における学術コンテンツ発信の先進事例となっている点が評価されました。2011年11月にリニューアルされ、CiNii ArticlesとCiNii Booksの2本立て構成になったことを機会とし、今年の候補となりました。

詳しくは Library of the Year 2012のサイトをご覧ください。

フォーラム内容

フォーラム全体の様子はこちらから Ustream で配信します。
http://www.ustream.tv/channel/lf2012-site-01

Twitter ハッシュタグ #niiLF2012

日本のナレッジベース構築に向けて ― 電子リソース管理データベース(ERDB)プロジェクトの現状と将来展望について

2012年11月22日(木) 10:30〜12:00 第1会場

入場無料

対象: 機関・企業図書館関係者/大学・短大・高専図書館関係者

電子リソース管理で苦労している図書館員や利用者サービスの拡充を狙っている方必見です!

概要:
NIIと大学図書館が共同してプロトタイプ開発に着手したERDBを概説し、利用者や各機関にどのようなサービスが提供できるか? どの程度の品質が確保できるか? 国内のみならず海外と流通するためには何が必要か? 等を模索する。さらに、資源発見システム(ディスカバリーサービス)との連携の可能性についても言及したい。

図書館総合展レポート / Ustream 録画

内容 講師(敬称略)
電子リソース管理データベース(ERDB)プロジェクトの概要・課題・展望PDF 田邊 稔
(国立情報学研究所 学術コンテンツ課)
ERDBと国際連携:GOKb(Kuali OLE)とKnowledge Base+(JISC Collections)の動向PDF 片岡 真
(九州大学 情報システム部)
上野 友稔
(電気通信大学 附属図書館)
国内データベースの現状とERDBとの連携についてPDF 伊藤 民雄
(実践女子学園 情報センター)
パネルディスカッション 「今後の展望に向けての問題提起と提言」PDF

モデレーター: 片岡 真(九州大学情報システム部)
パネリスト
 上野 友稔(電気通信大学附属図書館)
 伊藤 民雄(実践女子学園情報センター)
 田邊 稔(NII学術コンテンツ課)
学術論文には何が書かれているか? ― 論文を構成する意味の分析と検索への応用 ―

2012年11月22日(木) 13:00〜14:30 第1会場

入場無料

対象: 機関・企業図書館関係者/大学・短大・高専図書館関係者/学生/一般

専門用語とその関係や数式など、論文を構成する意味の単位をめぐる研究の話題と、論文検索への応用について紹介します。

概要:
電子図書館の発展により、大規模な学術情報(特にフルテキスト)が流通することで、研究者の検索要求が高度化しています。メタ情報に類似した論文だけでなく、部分的に内容が似ている、自分と同じ実験方法、データを扱った論文など、意味内容に踏み込んだ検索、技術動向の自動抽出などの需要が増えています。こうした背景の元、NIIでは次のような研究を行なっています。論文の数式を検索したり、数式で論文を検索したりするための技術、論文の内容を解析して構造化する研究、専門用語や複合語に関する研究、読む際に必要となる専門用語の説明、参考文献などを自動的に表示するシステムなどを紹介しながら、次世代の学術情報流通の姿を探ります。

図書館総合展レポート / Ustream 録画

内容 講師(敬称略)
論文を構成する意味の分析〜言語処理からのアプローチと数式検索への適用例:数式の検索と理解支援 相澤 彰子
(国立情報学研究所 知識コンテンツ科学研究センター長/コンテンツ科学研究系教授)
学術論文の高度な検索へ向けて〜論文の意味内容を解析する試みPDF 宮尾 祐介
(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系准教授)
論文を構成する語彙の分析〜専門用語の成り立ちと検索への応用PDF 内山 清子
(国立情報学研究所 学術コンテンツ課コンテンツシステム開発室特任准教授)
論文閲覧システムの開発PDF 阿辺川 武
(国立情報学研究所 連想情報学研究開発センター特任准教授)
学術電子教科書・教材はこうなる ― 新しい流通と取組について ―

2012年11月22日(木) 15:30〜17:00 第1会場

入場無料

対象: 機関・企業図書館関係者/大学・短大・高専図書館関係者/学生/一般

大学における電子教科書・教材は、どんな形で作られて利用できるようになるのか? そのブレークスルーに挑戦する議論を行います。

概要:
電子書籍元年と呼ばれてから早二年が経ちますが、大学における電子書籍の利用に向けては、越えなければならない幾つかの壁が残されています。本フォーラムでは、電子書籍・教材の質と量を向上し、それらを利用しやすい環境を構築していく上での解決策を議論します。登壇者の方々には、出版社、図書館、教員、Eラーニングコンソーシアム、大学共同利用機関として、現在取り組んでいる事例紹介を頂くとともに、それらを融合した学術としての大きなウネリを作ることを目標とします。単に、課題山積を確認する議論に終わるのではなく、キーパーソンが集結し、これまでの個々のフレームワークを超越した、次の一手となる新しい活動を創造します。

図書館総合展レポート / Ustream 録画

内容 講師(敬称略)
本セッションの位置づけ 山地 一禎
(国立情報学研究所 学術ネットワーク研究開発センター(コンテンツ科学研究系) 准教授)
プロジェクト事例紹介
電子教科書・教材と大学図書館 入江 伸
(慶應義塾大学 メディアセンター)
九州大学における電子教科書・教材の状況 井上 仁
(九州大学 情報基盤研究開発センター 学習環境デザイン研究部門 准教授)
CHiLOプロジェクトの新たな取組 堀 真寿美
(帝塚山大学 TIES教材開発室)
大学区附属図書館の新しい役割−大学図書館の授業教材と学習支援への関わり− 長丁 光則
(大日本印刷株式会社 教育・出版流通ソリューション本部)
識別子が作る学術の新しい世界 武田 英明
(国立情報学研究所 情報学プリンシパル研究系教授)
パネルディスカッション 「個別のプロジェクトから連携に向けて」

モデレーター: 山地 一禎(国立情報学研究所)
パネリスト(順不同)
 武田 英明(国立情報学研究所)
 入江 伸(慶應義塾大学 メディアセンター)
 井上 仁(九州大学 情報基盤研究開発センター)
 堀 真寿美(帝塚山大学)
 長丁 光則(大日本印刷株式会社)
▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2012年12月11日