事業について
総合目録データベースのデータ公開
》データ公開方針 》データ公開方法
》データ抽出条件とデータセット
総合目録データベースのデータ公開方針

総合目録データベース内のデータにつきまして,下記の「総合目録データベースのデータ公開方針」に基づき,公開を進めていくことが,第7回連携・協力推進会議(平成26年2月14日)において了承されました。

総合目録データベースのデータの公開について
 

総合目録データベースのデータのうち,書誌情報・所蔵情報・著者名典拠情報・統一書名典拠情報・参加機関情報について,対象ごとに公開範囲を定め,データの公開を行う。
詳細については,3 データ公開の運用について記載の通り,決定することとする。

   
データ公開の主体について
 

データ公開の主体は,目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)を運営する大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所(以下,「国立情報学研究所」という。)が,参加館の付託を受け,データ公開の責任と権限を持つこととする。データベース自体のライセンスの主体も国立情報学研究所とする。

   
データ公開の運用について
 

データ公開方法やデータ公開範囲の制限等,実際の運用に関しては,国立情報学研究所と連携・協力推進会議の付託を受けたこれからの学術情報システム構築検討委員会が,検討し,詳細を決定する。

   
クリエイティブ・コモンズのライセンスの適用について
 

総合目録データベースのデータを公開するにあたり,個別のデータではなく,データベース全体のライセンスとして,「表示」(CC BY)を適用する。
当面は,「表示」 2.1 日本 (CC BY 2.1 JP)を適用し,原則的にバージョンの改訂に追随することとする。
(2014年9月24日現在,「表示」 4.0 国際 で公開中)
なお,これは,参加機関が自機関のデータを利用・公開する場合に,ライセンスの表示を求めるものではない。

   
その他
 

本方針,及び詳細な運用については,国立情報学研究所が周知・広報に努める。

総合目録データベースのデータ公開方法

(1)データの範囲

 

書誌情報・所蔵情報・著者名典拠情報・統一書名典拠情報・参加機関情報をライセンスの対象とする。ただし,参照MARC情報は総合目録データベースには含まれない。
実際の公開にあたって対象となる範囲の制限については,国立情報学研究所と連携・協力推進会議が,協議の上,決定する。

 

(2)具体的な方法

 

データの公開の方法は,以下の方法による。各方式において,実際のデータ公開にあたっては,より詳細な範囲や方法を検討し,国立情報学研究所と連携・協力推進会議が,協議の上,決定する。

 
  @APIを通じた公開
 
公開手段 CiNii BooksのAPI
データの形式 RDF形式,JSON形式
取得方法 1件づつ取得(回数制限あり)
データ更新の頻度 週1回
 
  Aデータセットとしての公開
 
公開手段 国立情報学研究所目録所在情報サービスのウェブサイトを通じて
データの形式 RDF形式
取得方法 データセットとしてダウンロード
データ更新の頻度 当面は年1回程度
 
 

【参考】(2)@APIを通じた公開に関する情報 http://ci.nii.ac.jp/info/ja/api/api_outline.html

総合目録データベースのデータ抽出条件とデータセット

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス このデータセットはクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

データセット(2016年4月現在)
 
データ 抽出条件 データセット
図書書誌 書誌作成日が2015/03/31以前 かつ 本文言語が日本語 download 775MB
雑誌書誌 書誌作成日が2015/03/31以前 かつ 本文言語が日本語 download 18MB
著者名典拠 全件(生没年は除く) download 78MB
参加館情報 全件(連絡先,ステータス,ポリシーは除く) download 0.1MB
▲ページTOPへ戻る
最終更新日: 2016年04月01日