事業について
事業について
NACSIS-ILLとは
NACSIS-ILLとは、図書館間で行われている相互貸借サービス(文献複写や資料現物の貸借の依頼及び受付)のメッセージのやりとりを電子化したシステムです。
詳細PDF
ILL概念図
NACSIS-ILLを使うと・・・
迅速な資料の提供ができます。
これまでの郵便による申し込みに比べ、依頼メッセージが相手館にすぐ到着するため、資料が速く入手でき、利用者サービスの向上につながります。
最新のデータを利用できます。
NACSIS-CATのデータベースを検索することにより、オンラインで登録された最新の書誌・所蔵データを利用して依頼先を選択することができます。
依頼データの自動転記ができます。
NACSIS-CATのデータベースを利用すると、書誌情報等を自動的に転記できますので、再度入力する必要がありません。
謝絶の場合に依頼データは自動転送されます。
依頼に対して受付側で迅速に対応できない場合、依頼を「謝絶」しますが、NACSIS-ILLシステムではそのレコードは次の受付候補館(最大5館まで)に自動的に転送される仕組みになっていますので、メッセージのやりとりの時間的ロスが発生しません。
外部機関への依頼もできます。
平成14年度からISO ILLプロトコルに対応し、OCLCやKERISなど海外のILLシステムとの相互接続を進めています。
料金決済制度が利用できます。
国立、公立 及び私立大学等の全てのNACSIS-ILLシステム参加館の加入可能な「ILL文献複写等料金相殺サービス」があります。

最終更新日: 2011年12月22日